朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫5つ

 早めにベッドに入ったはずなのに、寝た気がしない・・・そんな悩みを抱えていませんか?厚生労働省の調査によると5人に1人が何らかの不眠症状を抱えているそうです。(※1)

睡眠は記憶力の向上や、疲労回復、免疫機能を高める等々、食事・運動と並んで健康に大きく影響し、仕事や日常生活のパフォーマンスも左右します。どのようにしたら安眠につながるか、質の良い睡眠のための工夫をご紹介します。

朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫5つ

あてはまるのはどのタイプ?不眠症状

不眠症は睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が出現する病気です。(※2)

不眠症は大きく4つのタイプに分けられます。

■寝つきの悪い「入眠障害」
眠りが浅く途中で何度も目が覚める「中途覚醒」
■早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」
■ぐっすり眠れたという満足感(休養感)が得られない「熟眠障害」

不眠症状が1か月以上続くようであれば専門の病院を受診した方が良いですが、そこまで深刻ではなくとも睡眠に不満や気がかりなことを抱えている人は少なくないのではないでしょうか。

・合わせて読みたい→
食欲を抑えられない原因は◯◯不足(https://cocokara-next.com/lifestyle/cause-that-can-not-suppress-appetite-st/)

眠りにつきにくい原因は

不眠の症状の原因として、大きくはストレス・寝室の環境・からだの病気・こころの病気・薬や刺激物・生活リズムの乱れなどが挙げられます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年9月11日のライフスタイル記事
「朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫5つ」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    寝つきの悪いのが悩みだったんだけど、モットンマットレス使ってからスッと眠れるようになった助かってる^^

    0
  • 匿名さん 通報

    そのマットレス気になるわ。 最近仕事が嫌で平日仕事ある日はまともに寝れない。 土日は寝れるのになぁ。 俺も寝具を新調したりして寝やすい環境整えていかないとかな^^;

    0
  • 匿名さん 通報

    早朝覚醒に悩まされてるから、その布団とても興味津々。

    0
  • 匿名さん 通報

    体をしっかりと疲れさせてあげる事かな。 あらゆる方法で。最近はランニングした後に筋トレをしっかりすると ちゃんと眠れます。

    0
  • 匿名さん 通報

    良質な睡眠に変わると劇的に日中元気になれるね。 あ、先週から俺もマットレス変えて、寝心地良くって 起き抜けの疲労感がだいぶ変わったんだよね。 なので、マットレスにしっかり予算かけるの賛成

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら