【臨床心理学】人に対する時、余計な小細工はいらない。自分に正直なのが1番

[記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(株)(https://www.heartc.com/)]

【臨床心理学】人に対する時、余計な小細工はいらない。自分に正直なのが1番

 「正直は、最上の政策」は、アメリカ合衆国初代大統領のワシントンの言葉です。幼少のみぎりに桜の木を切って、正直に、その罪を告白した方ですから、当然と言えば、当然なのかもしれませんね。日本でも幕末の勝海舟が、べらんめえ調で「至誠があれば、それでいいのサ」なんてことを言っていたらしいです。

・合わせて読みたい→
韓国サッカー「優勝杯踏み付け問題」だけじゃない、韓国チームの歴代事件簿(https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-case-file/)

彼らの言っているのは、要は、「人に対する時、余計な小細工はいらない。自分に正直なのが1番」ってことなんでしょう。これは、まさにカウンセラーに必要な姿勢です。

以前ご紹介したように、さまざまなカウンセリング技法があるのですが、それに固執していたら、カウンセリングはちっとも進展しませんし、時にはクライアントさんを傷つけてしまうことさえあります。技法よりも先に、カウンセラーは、なによりも自分の中に起こっている感情や思考の動きに敏感でなければなりません。

カウンセラーの中に、「この状況から逃げたい」、「どうアプローチしたらいいのかわからない」、「なんとなくいらついている」、「クライアントさんから気に入られたい」など、さまざまな感情や思考が浮かんできます。カウンセラーは、これらの心の動きをなかったものとしてはいけません。いくら自分の気持ちを誤魔化そうとしても、クライアントさんには、ばればれです。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年9月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら