孤立深める文在寅大統領の四面楚歌、「国軍の日」でさらに浮き彫り…

 韓国は1日、建軍71周年の「国軍の日」を迎え、文在寅政権は南部の大邱空軍基地で華々しい記念式典を開いたが、外交オンチを露呈する形となった。セレモニーに華を添えるはずの在韓米軍司令官は欠席。竹島をめぐる示威行動によって、日本との亀裂は一層深まっている。

孤立深める文在寅大統領の四面楚歌、「国軍の日」でさらに浮き彫り…

国軍の日とは?

 国軍の日は、朝鮮戦争で当初劣勢だった米軍中心の国連軍が1950年9月に仁川上陸作戦を成功させ、韓国軍が翌月1日に38度線を突破して北朝鮮に反撃を開始したことを記念したもの。

 「韓国軍の威容を国内外に示し、国軍将兵の士気を高めるため」に制定された。新大統領が代わる5年ごとに軍事パレードが行われてきたが、70周年だった昨年は見送り。南北融和路線を掲げる文在寅政権による対北配慮によるものだった。

在韓米軍司令官は欠席の表向きの理由と本音は?

 そうした経緯を経て開催された今年は「強い国軍」をテーマに、初のステルス戦闘機F-35Aが一般公開されたのだが、朝鮮戦争を共に戦った盟友関係にあたる在韓米軍のロバート・エイブラムス司令官は式典に参加しなかったという。エイブラムス司令官は昨年11月に就任し、国連軍司令官も兼務している。

「エイブラムス司令官の不参加の理由は『ワシントンでの米軍制服組トップの統合参謀本部議長の交代式に参加するため』と伝えられていますが、本音は別にあるようです。米国の反対を無視して文在寅政権が日本にGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄を通告したことに対する警告だとみられています。11月22日の失効期限まで2カ月を切る中、文在寅政権に翻意を促す意図があるのでしょう」(在ソウル特派員)

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。