「箱根駅伝100年目」見どころは?26年ぶりに箱根路へ戻って来た第1回優勝校とは?

 正月の風物詩、第96回箱根駅伝が1月2、3日に開催される。前評判が高いのは、初優勝の昨年に続いて連覇を狙う東海大。前回5連覇を阻止された青学大や東洋大、駒大など実力校が頂点を狙う。予選会では筑波大が26年ぶりに出場権を獲得し、平成で優勝実績のある山梨学院大、大東大が落選。各校のレベルが向上し、「戦国時代」ともいわれている今大会。10月の出雲、11月の全日本と合わせた「大学3大駅伝」の結果とともに、箱根の見どころをあげていきたい。

「箱根駅伝100年目」見どころは?26年ぶりに箱根路へ戻って来た第1回優勝校とは?

・今すぐ読みたい→
今年は「やっぱり大作戦」、青学大・原監督の各年の作戦名と箱根成績(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hakone-ekiden-tactics-name/)

【本命】東海大
(19年:箱根V、出雲4位、全日本V)

 前回大会で悲願の初優勝を遂げたメンバー8人が残り、優勝候補の筆頭。6区2位と好走したVメンバーの中島怜利(4年)と、入学時から「黄金世代」と呼ばれたなかでもエース格だった関颯人(4年)がエントリーメンバーから外れたが、下級生の台頭で戦力は充実。10月出雲駅伝は主力の不調で4位に終わったが、メンバーを入れ替えて臨んだ11月全日本駅伝では16年ぶりの優勝。選手層の厚さは随一で、故障を抱えるメンバーもいるだけに、コンディションの見極めが連覇のカギになりそう。

【2番手】青学大
(19年:箱根2位、出雲5位、全日本2位)

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。