広島・菊池は残留表明 過去にポスティングでメジャー挑戦を表明し、入札がなかった選手は?

広島の菊池涼介内野手は27日、ポスティングシステムでのメジャー移籍を断念し、新たに4年契約を結び残留することを表明した。順調なら2021年中に海外FA権を取得するが、将来的なメジャー挑戦についても封印することになった。

広島・菊池は残留表明過去にポスティングでメジャー挑戦を表明し、入札がなかった選手は?

・今すぐ読みたい→
菅野智之の胸中やいかに・・・巨人が山口俊にメジャーへのポスティング移籍を容認その背景は?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/posting-transfer-to-major-league/)

過去にポスティングシステムでメジャー挑戦を表明しながら、残留した選手は

ポスティングシステムでの交渉期限は、申請後の公示から30日間。菊池の場合は米東部時間で来年1月2日だった。期限が迫る中、メジャーのFA市場で二塁手の動きが遅かったこともあり、交渉はなかなか進展しなかった。身体能力と高い技術を生かした守備は、メジャーでも屈指のレベルにあると評価されていたが、3連覇で途切れた赤ヘル軍団の再起に身を捧げる。

このオフは菊池以外にも、DeNA・筒香嘉智外野手、巨人・山口俊投手と計3選手がポスティングシステムでのメジャー移籍を目指した。筒香はレイズ、山口はブルージェイズと、既に契約合意に達している。

では過去に同システムでメジャー挑戦を表明しながら、残留した選手はいたのか。残念ながらその第1号となったのが、2002年オフに近鉄からメジャーを夢見た大塚晶則投手だった。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。