世界ラリー選手権が開幕!所属選手を総入れ替えしたトヨタが抱える悩みとは?

 世界ラリー選手権(WRC)が今年も幕を開けた。第1戦の舞台はモナコを発着とするモンテカルロラリーだ。モナコ自体は小国のため、実際の競技は、お隣のフランスで行われる。

世界ラリー選手権が開幕!所属選手を総入れ替えしたトヨタが抱える悩みとは?

23日に開幕したWRC第1戦モンテカルロラリー。スタートポディウムに上がったのはオジエが駆るトヨタ・ヤリスWRC(トヨタガズーレーシング提供)

注目は所属する3選手を総入れ替えしたトヨタ

 注目は所属する3選手を総入れ替えしたトヨタだ。昨季はエースのオット・タナク(エストニア)がチャンピオンを獲得したが、今季はライバルチームのヒュンダイに移籍。期待していたマニュファクチャラー(製造者)タイトルもヒュンダイに奪われてしまったため、ヤリ―マティ・ラトバラ(フィンランド)、クリス・ミーク(英国)の2人をレギュラーから外した。

 タナクに代わってエースを務めるのが2018年までシリーズ6連覇を果たしたセバスチャン・オジエ(フランス)。昨季は母国メーカーのシトロエンに所属したが、マシンの性能不足に悩まされ、移籍を決断した。古巣シトロエンもエースの離脱に伴い、勝算がなくなったとしてシリーズからの撤退を電撃表明。今季のトップカテゴリーはトヨタ、ヒュンダイ、フォードの3メーカーで争われることになった。

 新チームメートは昨季までフォードに在籍したエルフィン・エバンス(英国)と、下部カテゴリーのWRC2プロで昨季王者となった有望株のカッレ・ロバンペラ(フィンランド)。WRCはシーズンオフが極端に短いため、新加入選手がマシンを本格的にテストできるのは12月に入ってからがほとんど。雪道も走る舗装路戦のモンテカルロラリーは手探り状態のまま戦うことになる。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「世界ラリー選手権が開幕!所属選手を総入れ替えしたトヨタが抱える悩みとは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    車じゃない!ドライバーがポンコツなんだ!!    って事?

    0
この記事にコメントする

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。