ビズリーチ創業と楽天球団創業の共通点「期待値へのコミット」 ビズリーチ・南社長

ビズリーチ社長の仕事エナジー

ビズリーチ創業と楽天球団創業の共通点「期待値へのコミット」 ビズリーチ・南社長

  株式会社ビズリーチの社長で、会社員としてのキャリアを積んだ後、プロ野球球団・楽天イーグルスの立ち上げにも携わった南壮一郎さん。金融、スポーツそしてITと様々なジャンルで活躍をしてきた彼の「成長」について現在発売中の「CoCoKARAnext Vol.2」に掲載中のインタビューから一部を紹介する。

ー会社員を辞めて起業した時に比べて、現在南さん自身はどのように変わり、成長しましたか?

 「フェーズによって役割や求められるモノが違います。じゃあ、楽天イーグルスの立上げの時ってどうだったかと言うと、カオスですよね(笑)。開幕まで時間やリソースが限られている中で、どう開幕までに立ち上げを成功させるかが最も重要になってきます。本当にみんながいくつもの役割や仕事を並行してやっていました。でも、開幕して月日、年数が経つに連れて、求められるモノが変わって来る。
 自分たちが変わるために変わる、と言うよりはお客様の期待値が変わるので、そこにコミットして変わって行く事が大事です。お客様とは違いますが、今の会社での社長という役割で言うと、弊社に入社してくださる方々がどう言う期待値で入社してくださるのか。
 経営って言うのは、『約束』だと思います。その約束を明確化しながら、それをキッチリ表現できるように自分が変わって行くと言う事が大事なのかな、と思います。
 それまでは自分が社会に対してどうか、お客様に対してどうかという約束だったので、『自分事』でした。それが社長という立場に代わり、『自分事』が『みんな事』に変わっていった。それがこのビズリーチの経営者としての自分が一番変わって行った事なのかな、と思います。」

...続きを読む

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2018年2月13日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。