ソフトバンク・王会長「できるものなら、あと4つ球団が誕生してほしい」その場合の候補の本拠地はどこ?

[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]

ソフトバンク・王会長「できるものなら、あと4つ球団が誕生してほしい」その場合の候補の本拠地はどこ?

 ソフトバンク・王貞治球団会長の発言をきっかけに、にわかにプロ野球の16球団への拡張構想が盛り上がっている。

 事の発端は1月に放映された福岡の民放テレビでの発言。TNCテレビ西日本の「CUBE」内で「できるものなら16(チーム)、あと4つ球団が誕生してほしい」とインタビューに答えた。

・今すぐ読みたい→
逃した魚は大きかった?!ドラフト「外れ1位」選手の活躍を追え!(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/miss-1st-place-in-draft/)

新たに4チームが加わるとしたら本拠はどこになる?

 プロ野球は昨年、観客動員で初めて2600万人を突破。平均観客数は4%以上増え、こちらも初めて3万人を超えた。少年世代を中心に競技人口が減少する「野球離れ」には歯止めがかかっていない。その一方で、興行としてのプロ野球人気はかつてないほど盛り上がっているのが現状だ。

 かつてのプロ野球チームは年間20億円以上の赤字を垂れ流すのが当たり前。親会社からの補填で自転車操業し、広告宣伝塔としてのみ必要とされていた。だが、2004年の球界再編などを経て、各球団の営業姿勢に変化が見られた。それまで人気球団の巨人におんぶにだっこだった状態から、パ・リーグの復興・独立や広島、DeNAのブランド化が成功。黒字球団が激増し、うまみのあるビジネスに生まれ変わった。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。