甲子園のスターに高すぎた「プロの壁」、活躍を見たかった高卒ドラフト1位の男たち
拡大する(全2枚)

 プロ野球の球団にとって、ドラフトはチーム強化の「イロハのイ」。新人獲得は数億円をかけたビッグプロジェクトでもあります。中でも1位の指名選手が順調に育つか否かは、チームの将来に大きな影響を及ぼします。

大学生や社会人の「即戦力」に対して、高卒は「当たるとデカい」ギャンブル的な要素を含んでいますが、それだけファンのロマンも膨らみます。今でも野球好き同士が集まると「アイツは惜しかった」「本領発揮となれば、今頃どんな活躍をしていたんだろう」と想像し、語り合う逸材について、あらためておさらいをしたいと思います。

【関連記事】原巨人 「令和の慎之助」台頭でいよいよ追い込まれる「あの選手」とは

2004年広島1巡目・佐藤剛士投手(秋田商業)

この年は東北地方に逸材がそろっていました。東北高校・ダルビッシュ有投手、一関高校・木村正太投手と並んで「みちのくBIG3」の一角と呼ばれたのが、この佐藤投手です。

 その魅力は150キロにも届きそうなストレート。公立校のエースとして、3年次には春夏の甲子園にも出場するなど全国の舞台へ進む原動力となり、文句なしのドラフト1巡目として広島カープへと入団しました。

2年目の06年4月には1軍の先発に抜擢され、横浜戦でプロ初登板初先発を果たしますが、結果は3回途中9失点。その後は肩や腰に故障も相次ぎ、1軍のマウンドに再び舞い戻ることはかなわず、2010年限りで戦力外通告を受けました。


この記事の画像

「甲子園のスターに高すぎた「プロの壁」、活躍を見たかった高卒ドラフト1位の男たち」の画像1 「甲子園のスターに高すぎた「プロの壁」、活躍を見たかった高卒ドラフト1位の男たち」の画像2