広島カープのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?

広島カープのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?
       

 プロ野球12球団で唯一、FAで獲得した選手がいない広島カープ。生え抜きの選手を中心に、16年からセ・リーグ3連覇を果たした。ドラフトで獲得した選手を12球団屈指といわれる育成力で成長させてきた。2000年以降のドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/

広島カープのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残...の画像はこちら >>

◆神ドラフト=2006年

【高校生】
1 前田健太(PL学園)投手
3 会澤翼(水戸短大付)捕手

【大学・社会人】
希望枠 宮崎充登(ホンダ鈴鹿)投手
3 上野弘文(トヨタ自動車)投手
4 青木高広(日産自動車)投手
5 中東直己(ホンダ鈴鹿)外野手

 数ある当たり年でも、06年が充実している。早実・斎藤佑樹の活躍で「ハンカチ世代」といわれたメンバーが集結した高校生ドラフト1巡目は、田中将大、堂上直倫、大嶺祐太、増渕竜義が人気で他球団に重複指名されたが、広島は前田の「一本釣り」に成功。前田は6年連続2ケタ勝利、最多勝2度、沢村賞2度と球界を代表する投手に成長し、16年からメジャーリーグで活躍している。

 會澤も今や不動の正捕手。3年連続でベストナインに選ばれたほか、19年には侍ジャパンで控えの立場から持ち味の強打で正捕手を奪い、プレミア12の世界一に貢献した。大学社会人では、上野と青木が中継ぎとして、中東もバイプレーヤーとして、1軍の戦力となった。


あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。