ラグビーワールドカップで堀越正己が感じた日本代表の真の「ONE TEAM」への進化

 WOWOWにて6月7日(日)放送の1991年大会「アイルランドvs日本」と6月28日(日)放送の「日本vsジンバブエ」の2試合を、ともに戦った吉田義人さんとダブル解説した元日本代表の名スクラムハーフ堀越正己さんに話をうかがった。

堀越さんが、これまでほとんど見返すことがなかったという試合映像を見て感じたことや、現在の日本代表に対する思いを語った。

ラグビーワールドカップで堀越正己が感じた日本代表の真の「ONE TEAM」への進化

写真:WOWOW

──ご自身が出場した1991年大会の映像を見て、解説した感想からお願いします。

「当時一緒にプレーした吉田義人さんの話を隣で聞いていると当時のことが蘇ってきて、すごくわくわくしながら見ていました。アイルランド戦は『ミスがなければもっとクロスゲームになっていただろう』という悔しさがありましたし、ジンバブエ戦は『セットプレーが安定すると日本代表はここまで対等に戦えるのか』ということが確認できて良かったです」

──負けた試合の映像はまず見返さないそうですが、敗れたアイルランド戦はどのような心境で解説していましたか?

「負けたこともあって鮮明に思い出せなかったところが、映像ではっきりと思い出すことができました。もしその前のスコットランド戦も私が先発で出場していれば、アイルランド戦でプレー面も心の部分も修正できたかもしれない、という思いがあらためて蘇りました。もっと身体を張れたのではないか、もう少し走れたのではないかという反省もあり、それが次のジンバブエ戦の勝利に繋がったのだろうと思います」


あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。