管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?

管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?
拡大する(全8枚)

 「脳の健康」を意識した食材・メニューを、ホームシェフのサブスク サービス「シェアダイン」管理栄養士・住岡昌恵シェフに聞きました。

1.カマンベールチーズ
アスパラなどと春巻きorフリット

管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?の画像はこちら >>

監修:住岡昌恵シェフコメント

カマンベールチーズには、アルツハイマーの原因物質であるアミロイドβが脳に沈着するのを防ぐ効果があると言われています。また、アスパラやズッキーニに含まれる葉酸が、脳の神経細胞を障害する物質を分解してくれるので、認知機能改善につながると言われています。揚げ物をするなら、熱に強く酸化しにくい、オリーブオイルやこめ油がおすすめ!

2.青魚
鰯/アジ/サンマのコンフィ オリーブオイル使用または、トマトとハーブ煮込み

管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?
管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?

監修:住岡昌恵シェフコメント

イワシのような青魚や、脂肪の多い魚は、DHAやEPAといったn3系不飽和脂肪酸が含まれ、動脈硬化や脂質異常症といった生活習慣病予防する効果があると言われています。脳血管や神経細胞を健康に保つためにも、週7切れ以上食べることを心がけましょう。また、ニンニクやタマネギなどと一緒に調理することで、血液サラサラ効果もアップしますので、血圧高めの方などにもおすすめのメニューです。

トマトが加わることで、リコピンの抗酸化作用も働き、からだの酸化・老化抑制が期待できます。しかも、リコピンは熱に強く、煮込んでも効果が変わりません!トマト缶を使うとリコピン濃度も高くなっているので、煮込みやソースなどでトマトを使う場合は、缶詰がおすすめです!


この記事の画像

「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像1 「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像2 「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像3 「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像4
「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像5 「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像6 「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像7 「管理栄養士が教える!「脳の健康」を意識した食事とは?」の画像8

当時の記事を読む

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。