「井上選手の終盤KO勝ち」 両者と拳を交えた元世界王者 河野公平さんの証言と予想

「井上選手の終盤KO勝ち」 両者と拳を交えた元世界王者 河野公平さんの証言と予想
       

(c)WOWOW

 バンタム級のWBAスーパー王座とIBF王座を持つ井上尚弥(27=大橋)が日本時間の11月1日、アメリカのネバダ州ラスベガスでWBA2位、IBF4位、WBO1位にランクされるジェイソン・マロニー(29=オーストラリア)の挑戦を受ける。この試合に際し、ひと一倍感慨深い思いを抱いている人がいる。両選手と対戦した経験を持つ元WBA世界スーパー・フライ級チャンピオンの河野公平さん(39)だ。井上が圧倒的有利とみられている試合だが、河野さんも同感だという。「マロニーはスキのない選手ですが、井上選手はすべてが図抜けている」と話す。

・今すぐ読みたい→
井上尚弥、マロニー戦へ意気込み「ラスベガスでやるから塩試合(拙戦)はダメ、KOしなければ意味がない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/naoyainoue-enthusiasm-next-match/

階級を上げてさらに強くなった井上

――河野さんは10度の世界戦を含めプロ18年で46戦(33勝14KO12敗1分)しましたが、KO(TKO)負けは井上戦とマロニー戦だけなんですね。

河野 パンチをもらうこともありましたが、急所を外して耐えていたので(笑)。

――2016年12月の井上戦を振り返ってみてください。

河野 試合前、井上選手とスパーリングをした後輩から「パンチが掠っただけで足が痺れた」と聞いていたんですが、やるからにはもう一度世界タイトルを取ると意気込んでいました。打ちに行ったところにカウンターを合わされても仕方ないとは思っていましたが、実際、それまでもらったことのない左フックを合わされました。(映像は)何度も見直しましたが、気持ちいいぐらいの完敗です。


あわせて読みたい

井上尚弥のプロフィールを見る
CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「井上尚弥」に関する記事

「井上尚弥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「井上尚弥」の記事

次に読みたい「井上尚弥」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 井上尚弥 Instagram
  2. 井上尚弥 スパー
  3. 井上尚弥 バンダム級

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。