「井上選手の終盤KO勝ち」 両者と拳を交えた元世界王者 河野公平さんの証言と予想

       

すべてのレベルが高くてスキがないマロニー

――マロニーとは2018年5月にオーストラリアで戦いましたが、敵地での試合に抵抗はありませんでしたか。

河野 マロニーのことは事前にチェックしていたし、もう一度世界チャンピオンになるためにはこっちが乗り込んで行って強い相手と戦う必要がありましたから。

――どう戦う作戦だったのでしょうか。

河野 映像を見て、オーソドックスでスキのない選手だなと思いました。特に何をしようというのはなく、距離を潰して自分のボクシングをしようと思いました。

――実際に戦ったマロニーの印象は?

河野 終わった瞬間に思ったことは「この選手は普通に世界チャンピオンになるんだろうな」ということでした。すべて良いし、スキがない選手なので。

――戦力に関して特別なものは感じましたか。

河野 特別にスピードがあるとかずば抜けてパンチがあるとか、そういうことは感じませんでしたが、すべてのレベルが高くてスキがない選手ということですね。パンチ力もあるんですが、それは僕が受けたダメージということなので……でも、ダメージが残ったということはパンチがあるんでしょうね(笑)。マロニーはなんでもできる総合力の高い選手です。

――その試合から2年半、マロニーは成長していると感じますか。

河野 ロドリゲスとの試合(2018年10月のエマヌエル・ロドリゲス戦)を見ると、コンビネーションが良くなっていると思います。
僕と戦ったときはボディ打ちがなかったけれど、けっこう(ボディブローを)打っていましたね。全体的に成長していると思います。それに今回はモチベーションも高いでしょうね。


あわせて読みたい

井上尚弥のプロフィールを見る
CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「井上尚弥」に関する記事

「井上尚弥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「井上尚弥」の記事

次に読みたい「井上尚弥」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 井上尚弥 Instagram
  2. 井上尚弥 スパー
  3. 井上尚弥 バンダム級

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。