中野友加里が語る「フィギュアスケートのプログラムができるまで」

中野友加里が語る「フィギュアスケートのプログラムができるまで」
       

 フィギュアスケート女子・元日本代表の中野友加里が、フィギュアスケートについてあらゆるジャンルからお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

第4弾となった動画では、「フィギュアスケートのプログラムができるまで」について解説。

選曲から衣装選びまで、選手たちはどのようにしてつくり上げているのだろうか。

中野友加里が語る「フィギュアスケートのプログラムができる...の画像はこちら >>

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/


振り付けの先生と選手、双方の意見が合った曲を選ぶことがベスト

「まず選手たちがすることは、選曲です。自分で好きな曲を選ぶことも、もちろんありますが、シーズン最後のことまで考えて選ぶといったケースもありますね。
そのシーズンの試合がどこで行われるのか、そういった土地柄を考えながら選びます。
例えばシーズン最後の世界選手権の開催国が日本だった場合には、日本にゆかりのある音楽を選ぶ選手が多いですね。」

と曲選びにも選手それぞれのやり方があるという中野さん。

では、選手たちはいつ頃から選曲し始めているのだろうか。

「シーズンが終わってから5月~8月がオフシーズンなんですが、そのオフシーズン中に、新しいプログラムを制作します。自分が選んだ曲はもちろんなんですが、振り付けの先生が選んだ曲を使用することもあります。
ただ、選んだ曲が振り付けの先生と意見が合わないことがあるんですよね。
お互いの意見が合わなかったりすると、選んだ曲を変更するパターンもあります。
意見が合わないままにしてしまうと、気持ちが乗らないまま大会を迎えてしまう。
そうなると、それが全面的に出てしまうんです。
それを避けるためにも、振り付けの先生と選手、双方の意見が合った曲を選ぶことがベストかなと思います。
あとは、音楽ってやっぱり、演技や戦っていく上で凄く重要な要素なんです。
衣装プラス音楽を身にまとって演技をするものなので、意見が合ったものを選ぶのがいいと思います。」

ショートとフリーの整合性の重要度について

フィギュアスケートは、ショートプログラムとフリースケーティングの2つのプログラムを滑る。このショートとフリーの整合性の重要度について中野さんはこう語っている。

「勝負曲を選ぶ上で、どういう曲想にするかということを凄く選手たちは悩むんですが、1番は、自分の得意なジャンル、表現しやすい曲を選ぶことだと思います。
ただ、ショートとフリーで同じ傾向の曲を選ぶ選手もいますし、全然違う曲を使って、私はこういう曲も表現できるんだよという選手もいます。新しい魅力をアピールする上では、様々な曲を踊れた方がいいのかなと私は思いますね。」

だが、過去には「例外」の選手もいたという。

浅田真央選手が現役中に、ショートもフリーも音楽は一緒ながら演奏が違うもので勝負をしたことがありました。こんな表現の仕方もあるんだなと思ったので、ショートとフリー同じ曲想もありだなと思います。
あとは、ジャッジ目線でみてると、ショートとフリー全然違う曲の場合、新たな魅力が発見できたりもします。選手にとっても楽しいんじゃないかなと思いますね。」

沢山のルールを、頭の中に入れながら振り付けをしなくてはいけない

「曲が決まったら、今度は曲を編集します。30分くらいあるクラシックを4分にするのは、そうそう簡単ではないんですよね・・・。
まずはどこを使うかを決めます。大体、最初のスタート、中間地点、終盤の3分割にしますね。
前半は盛り上がる曲、中盤は呼吸を整える場所なので、スローやゆっくり目の曲。
終盤は、大盛り上がりの部分なので、盛大な音楽になるように組み込む選手が多いかなと思います。
これが一般的なプログラムを作る上での構成ですね。」

選曲が終わると、行うのが振り付けだという。

ただ、この振り付け部分で、自身の現役時代よりも今の選手たちにとって大変なことがあるという。

「現在のフィギュアスケートはルールが沢山あります。ジャンプ7つ、スピン3つ、ステップ、コレオグラフィック・シークエンスといったように、決められた要素を入れなければいけません。
そういったルールを、頭の中に入れながら振り付けをしなくてはいけないので、大変だなと思います。
私が10代のころは、ジャンプは何本跳んでも良かったですし、スピンも何個やっても良かった。ある程度のことは自由にやっていいという「フリースケーティング」そのものでしたね。
ただ今は、フリースケーティングと言いつつ、ルールに乗っ取ってやっているので、それを頭に入れながら振り付けをするって、凄く大変な作業だなって思います。
ステップシークエンスでも、ステップの一つ一つの種類、決められた要素を入れなければいけない。そうしないと、採点でいう、構成の中での「レベル4」まで達しません。
もちろん選手はそのことを頭に入れておかないといけないですし、振り付けの方も必ず入れておかなければいけません。
なので、以前よりも高度な振り付け能力を求められるようになったなと思います。」

そしてこの振り付けだが、担当する振付師によって個性が出るものだと中野さんは話す。

「以前は、振り付け師の方はそんなに多くなく、ジャンプやスピンを教えているコーチが振り付けを行っていたんですが、今は振付師が存在しまして・・・。
私の中で面白かったなという先生は、今は振付の巨匠になった、デヴィッド・ウィルソン先生です。
デヴィッド先生は凄く芸術的な方だったので、曲を聴いてインスピレーションで自分が好きな部分から振り付けていくんです。
4分ある曲の最初から振り付けていく訳ではなく、『この曲はここ』『この曲ではこのポーズ』みたいに、感性で動く方だったので、ついていくのが大変でしたね。
また、マリナ・ズエワ先生という方もいたんですが、マリナ先生は最初のポーズから作っていって、大体の流れを決めてからその中で振り付けをしていくタイプでした。
なので、振り付けにも色々なパターンがあるのかなと思います。」

感性で滑るところまでいけるのがベスト

振り付けが完成すると、いよいよ滑り込みに入っていくという。

「5月~8月くらいまでの間に振り付けをして、そのあと9月からすぐ全日本選手権の予選が始まってしまうので、そこに合わせて練習していかないといけません。
なので、振り付けされた翌日から、どんどん何回も滑り込んでいきます。
自分の中でしっくりくるなと思い始めるのは、やっぱり3ヶ月は超えないと自分のものにはならないと感じますね。
音楽が鳴ったらもう私たちって、『この時はこのポーズ』といったことが、何も考えなくても出てきます。
そのレベルになるには、練習期間は最低でも2ヶ月は欲しいですね。
考えながら滑るというよりも、感性で滑るところまでいけるのがベストかなと思います。
そして、振り付けをしていく上で、振り付けをしながら衣装の話も出たりします。
マリナ先生は、振り付けをしながら『衣装はこの色ね!こういう感じにしましょう!』という感じで進めていたのですが、実はそういってできた私のプログラムが過去にあるんです。」

中野さんがマリナ先生とつくり上げたプログラムとは一体・・・?

動画ではそのプログラム内で使用された衣装へのこだわり、作成秘話も飛び出している。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

当時の記事を読む

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月12日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。