驚異の守備率.999を記録し、ゴールデン・グラブ賞を初受賞した中日・ビシエド「手助けしてくれたコーチ陣に感謝したい」

驚異の守備率.999を記録し、ゴールデン・グラブ賞を初受賞した中日・ビシエド「手助けしてくれたコーチ陣に感謝したい」
拡大する(全2枚)

 2020年度の三井ゴールデン・グラブ賞が18日に発表された。多くが順当なメンバーではあったのだが、特に注目すべきはセ・リーグの一塁手ではなかろうか。中日のダヤン・ビシエド内野手がわずか1失策、守備率.999を記録し、194票を集めて初受賞した。

驚異の守備率.999を記録し、ゴールデン・グラブ賞を初受賞し...の画像はこちら >>

・今すぐ読みたい→
ヤクルトよりマシだけど・・・中日は2014年暗黒ドラフトのトラウマを払拭できるか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dragons-2014-draft-players/



「本当にうれしい。僕自身ずっとやってきたのは外野で、ファーストではなかった。努力した結果だと思うし、手助けしてくれたコーチ陣に感謝したい」

 キューバ出身の31歳は、息子のジュニア君と表彰式に臨み、白い歯をこぼした。有効投票300票中、半数以上。2位のヤクルト・村上宗隆の35票に大差をつけての受賞だった。

 ビシエドの言葉通り、今回の結果はコンバートという壁を乗り越えてつかんだものだ。キューバのジュニア時代から世代随一の実績を残し、2008年にいかだに乗って亡命。2010年にホワイトソックスでメジャーデビューした時点では、ビシエドは三塁手だった。

 2012年からは左翼手へ本格的に転向。この年はリーグ2位の13捕殺をマークし、長打力ある打撃だけではなく、強肩も注目を集めた。ただし、守備範囲の狭さが致命的だった。この年からレギュラーに定着し、3シーズンで通算60本塁打。その間、一塁手として出場したのはわずか4試合だけ。それ以外は左翼手か右翼手としての出場がほとんどで、DHも少なかった。


この記事の画像

「驚異の守備率.999を記録し、ゴールデン・グラブ賞を初受賞した中日・ビシエド「手助けしてくれたコーチ陣に感謝したい」」の画像1 「驚異の守備率.999を記録し、ゴールデン・グラブ賞を初受賞した中日・ビシエド「手助けしてくれたコーチ陣に感謝したい」」の画像2

当時の記事を読む

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。