「姿勢が悪い→太る」のメカニズムとは?

負のスパイラル!! 姿勢が悪い→大きな筋肉が使われない→骨盤が歪む→太る

「姿勢が悪い→太る」のメカニズムとは?

モデル/パーソナルトレーナー 坂井雪乃

 「姿勢が悪いと太る」には理由があります。

 姿勢が悪い人は、美しいスタイルを作るために必要な大きな筋肉、(腹筋、背筋、大胸筋など)がほとんど使われていないので衰えてしまいます。
 更に、悪い姿勢を続けることで骨盤の歪みを引き起こします。
 骨盤が歪むことにより、肩周りや背中・脚のラインが歪む原因になります。リンパや血流が悪くなると、老廃物が溜まりやすくなり、便秘や浮腫みを引き起こします。
 そして、必要な筋肉を維持できないといった理由から、太りやすくなってしまいます。

 それでは、太りやすくなってしまう悪い姿勢にはどのようなものがあるのでしょうか?

■猫背 ~お腹の筋肉が緩む→下っ腹がぽっこり~
 猫背になると、背中が丸まり、肩甲骨が開き、肩が前に出てきます。すると、お腹の筋肉が緩み下っ腹がぽっこりと出てきます。
 そして、筋肉が緩んだおなか周りには脂肪が付きやすくなってしまうのです。

「姿勢が悪い→太る」のメカニズムとは?

 更に、前に突きだした頭を支えなくてはならないので、肩や背中の筋肉に負担がかかり血流にも影響します。首周りや脇の下のリンパの流れも悪くなってしまいます。
 特に、脇の下にはリンパ節が集中しているため、全身のリンパの流れに悪影響を及ぼすのです。
 体だけでなく「顔むくみ」や「顔色が悪くなる」などの原因にもなるので注意しましょう。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。