【フィギュア】忘れ物が多かった小塚崇彦が打ち出したある秘策「5つの必需品以外は・・・」

【フィギュア】忘れ物が多かった小塚崇彦が打ち出したある秘策「5つの必需品以外は・・・」
拡大する(全2枚)

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

第9弾となった大好評企画、元男子シングル日本代表の小塚崇彦さんをゲストに迎えた対談では、現役中に起きたハプニングをテーマに、忘れ物が多かったという小塚さんの「5つの必需品」さらには、ミスを回避するために叩き込まれたという、佐藤信夫先生の「ある教え」について語られた。

【フィギュア】忘れ物が多かった小塚崇彦が打ち出したある秘策「...の画像はこちら >>


忘れ物をなくすための「ある秘策」

現役中、同門として切磋琢磨してきた2人だが、その中で1番印象に残っている小塚さんのハプニングを「2006年の全日本選手権で衣装を忘れたこと」という中野さん。

当時から、よく忘れ物をしていたという小塚さんは「そこまで大きいものを忘れると、他のものは忘れたことを忘れる」というほど。

そんな小塚さん、大会で衣装を忘れるという大失態を犯して以降、試合へ臨むたびに「ある秘策」を打ち立てていたという。

「ID、コスチューム、靴、海外遠征の場合はジャパンジャージ、そして予備のCD。この5つを持てば最低限試合はできるというものを決めていました。そしてそれ以外ものを忘れた場合は、現地調達という風に考えて、その5つだけは絶対に家から持ち出すようにしていました」

佐藤信夫先生の教えがすごい!

自身は1番のハプニングを「ジャパンオープンでの演技中の脱臼」と語る中野さん。これに対し衣装を忘れるというハプニングを経験した小塚さんは、演技中に起きたハプニングを聞かれると「意外とないのかもしれない」とルールミスを含め経験したことがないと回答。そこには、現役時代指導を受けていた佐藤信夫先生のこんな教えがあったという。

「フリープログラムの4分を、1分半ずつ区切って、それを3回ずつ行うインターバルトレーニングがありました。それをおこなう時に、1回目に失敗したものは2個目のパートの1回目で修復をして、3個目のパートの1回目でも修復をするという練習をずっとやっていたので、滑りながら頭の中に勝手に入っていたんですよね。あれがあったから本番で計算ミスをすることはなかったです」

なお、公開された動画内では、この演技中のジャンプ計算に苦戦していたという、あるスケーターが話題として取り上げられている。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

この記事の画像

「【フィギュア】忘れ物が多かった小塚崇彦が打ち出したある秘策「5つの必需品以外は・・・」」の画像1 「【フィギュア】忘れ物が多かった小塚崇彦が打ち出したある秘策「5つの必需品以外は・・・」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク