パ・リーグの昨季ホームランキングは、ドラフト10位からの下克上-。

 ジャパニーズドリームを現実にしたのは、「ラオウ」の愛称で知られるオリックスの杉本裕太郎外野手です。


 30歳を迎えた今シーズン、134試合に出場し、32本塁打を放ち本塁打王のタイトルを獲得。打率3割1厘、83打点の活躍で、チーム25年ぶり優勝の立役者になりました。

・今すぐ読みたい→
セパ下克上Vを象徴する「ドラフト最下位指名の逆襲」と「ブービー男の覚醒」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/awakened-player/



 ちなみに「ラオウ」の由来は、2016年1月の入寮時に、漫画「北斗の拳」の敵役・ラオウの名セリフ「我が生涯に一片の悔いなし」を座右の銘に挙げたことに由来します。

 ここで一つ疑問が浮かびます。

 徳島商、青学大、JR西日本とアマ球界のエリートコースを歩んだ強打者なのに、2015年のドラフト会議では10位指名。支配下で指名された全88人中、87番目の「ブービー賞」だったのです。


 ここまでの強打者がなぜそこまで「売れ残った」のでしょうか。

 スポーツ新聞のアマチュア野球担当記者は言います。

 「スカウトが大卒の社会人選手を獲得する際、一番求められるのは『すぐ1軍で使える選手か』ということです。高校生ならばある程度の育成期間を与えてもらえますが、20代の中盤を迎えた選手を長い目で育てる余裕は、今のプロ球団にはまずありません」


 そして当時を回想し、こう続けるのです。

 「そういう意味で杉本は、青学大時代から素材としては面白いけれど、プロのスラッガーとして開花するには時間のかかる選手とされていた。オリックスはあの年の1位で即戦力の長距離砲、青学大の吉田正尚外野手を単独指名で確保したので、2学年上の先輩となる杉本は10位で『当たれば儲けもの』という、割と気楽な指名ができたのでしょう」

 そしてやはり、才能が開花するまでには時間がかかりました。

ラオウの主戦場は常に2軍。1軍ではプロ5年間で通算9発止まり。社会人上がりの野手には、俊足巧打の3拍子タイプが好まれる中、転機となったのは2軍監督時代に潜在能力を買ってくれていた中嶋聡監督の1軍代行監督就任でした。

 そこで「1軍行くぞ!」と声をかけられ、チャンスをモノにしたからこそ、今のラオウがあるのです。

 目先の結果にこだわることなく、長い目で成長を見守る球団の文化。さらには才能を認めてくれる指導者との出会い-。


 特に長距離砲は実戦経験を積まなければ才能は開花できないだけに、指導者には「信じて、待つ」姿勢も求められます。

 オリックスは決して常勝が義務づけられた球団ではなく、おおらかに大器を育成できる土壌があったからこそ、「本塁打王・杉本裕太郎」という奇跡は現実になったと言えそうです。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]