陽岱鋼 巨人5年15億の「収支決算」とは

陽岱鋼 巨人5年15億の「収支決算」とは
拡大する(全2枚)

 野球界はシーズンオフに入った。各球団、選手たちの契約更改交渉や移籍のニュースが飛び交う中、去就が注目されている選手もいる。今季で5年の長期契約を終え、巨人を自由契約となった陽岱鋼外野手(34)もその一人。「新しいステージで挑戦したい」と自身で申し出て巨人を退団。新たな移籍先を探しているとされるが、果たして陽の巨人時代の成績はどうだったのか。今1度、振り返ってみる。

・今すぐ読みたい→
巨人・陽岱鋼 電撃退団!急浮上する「あの移籍先」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yang-dai-kang-leave-giants/



 日本ハムに在籍していた2016年オフにFA宣言。俊足巧打の右の外野手をめぐってはオリックス、楽天が続々名乗りを上げる中、12月に入って最後に獲得表明をした巨人が5年15億円(金額は推定)と異例の大型契約でかっさらったことも話題を呼んだ。

 2016年シーズンの陽の成績は打率293、14本塁打、2年ぶり4度目のゴールデングラブ賞に輝くなど、まさに「旬」の選手だった。巨人としては固定できていなかったセンターライン、1、2番を担う存在として期待。入団会見に臨んだ陽は「打率にはこだわっている。3割バッターになりたい」と前向きに意欲を語っていた。

 しかし結果として、移籍後5シーズンでキャリアハイとなった19年シーズンに110試合に出場し、2割7分4厘、4本塁打、21打点の成績を残したが、出場100試合を超えたのはこの年だけ。翌2020年は38試合、最終年となった今季は7試合に出場し、打率143、0本塁打、0打点に終わっていた。


この記事の画像

「陽岱鋼 巨人5年15億の「収支決算」とは」の画像1 「陽岱鋼 巨人5年15億の「収支決算」とは」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク