「22年箱根駅伝」総集編 地球平和を願い?フリーザ降臨せず称賛
拡大する(全2枚)
​​
「22年箱根駅伝」総集編 地球平和を願い?フリーザ降臨せず称...の画像はこちら >>

 2022年(令和4年)箱根駅伝は、2位以下を10分以上突き放す大会新記録で完全優勝した青学大の強さが際立った。一方で順大、中大といった古豪復活あり、中学の先生と教え子のリレーあり、道を間違えそうになるハプニングありと話題も盛りだくさん。第98回大会を振り返り、主な名場面をまとめてピックアップした。

・今すぐ読みたい→
距離が合ってない!オリンピアン三浦が箱根2区で失速・・・日本人留学生?「レンタザワ」区間賞トレンド入り https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rentazawa-entering-the-trend/



◆1強

 前評判では「かつてない戦国駅伝」という混戦予想。青学大・原監督が「史上最強」と予告しながら、箱根前哨戦となる出雲、全日本ともに2位とコケてしまったことが要因だった。

 フタを開けてみれば往路、復路も制して2位順大に10分51秒差をつけ、2年ぶりの優勝を飾った。往路に勝負をかけて戦力を投入してきた他大学を退け、復路でも2人が区間新をマーク。登録16人全員が1万メートル28分台の好タイムを持つ選手層の厚さを見せつけた。結果的には青学大の「1強」だった。4年は10走者中2人だけで、力のある下級生が残る。ここ8年で6度目の優勝となり、黄金時代の到来を予感させた。

◆戦国は2位以下だった

 古豪が復活ののろしを上げた。順大が15年ぶりトップ3となる2位に躍進。東京五輪3000メートル障害7位の三浦龍司(2年)は2区11位と苦戦したが、復路で区間賞を2人獲得した4年生の奮起が目立った。箱根最多14度の優勝を誇る中大は6位で10年ぶりのシード獲得。1区で区間新をマークした吉居大和(2年)がチームを勢いづけた。


この記事の画像

「「22年箱根駅伝」総集編 地球平和を願い?フリーザ降臨せず称賛」の画像1 「「22年箱根駅伝」総集編 地球平和を願い?フリーザ降臨せず称賛」の画像2