2022年「高年俸」侍ジャパン!WBC優勝奪回へ栗山監督は誰を選んで、誰を捨てるのか?
拡大する(全3枚)

 東京五輪で金メダルを獲得した侍ジャパン。次なる目標は2023年3月の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の頂点だ。

 指揮官も稲葉篤紀監督から、栗山英樹新監督(日本ハム前監督)にバトンタッチ。日本ハム監督時代は二刀流大谷を育て、メジャー流采配も駆使した栗山監督だが、日本代表ではどんな野球を目指すのか。注目の初采配が予定されていた3月5、6日の強化試合・台湾戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。

・今すぐ読みたい→
運命のいたずらか センバツで嫌でも注目を集めてしまう問題の対戦が実現へ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/2022-senbatsu-featured-match-02/

 代表メンバー選考はファンの一大関心事。監督の色が出て、おのずと目指す方向もみえてくる。東京五輪メンバー発表時もSNSでは賛否両論、ファンの間でさまざまな意見が飛び交った。

 シンプルでもっともわかりやすい基準が年俸だ。「プロの評価はお金がすべて」という考えがあるように、活躍して高給取りの実力者を集めれば、一定の納得感はあるはず。ということで、2月のキャンプ終了時点で、日本人メジャーリーガーを除くプロ野球所属の年俸上位選手から選んでみた。

◆2022年「高年俸ジャパン」
(順位は年俸上位のランキング。金額はすべて推定)

【投手】
楽天田中=9億円(1位)
巨人菅野=6億円(3位)
ソフトバンク千賀=6億円(3位)
ソフトバンク森=4.6億円(8位)
オリックス山本=3.7億円(11位)
楽天則本=3億円(13位)
中日大野=3億円(13位)
西武増田=3億円(13位)


この記事の画像

「2022年「高年俸」侍ジャパン!WBC優勝奪回へ栗山監督は誰を選んで、誰を捨てるのか?」の画像1 「2022年「高年俸」侍ジャパン!WBC優勝奪回へ栗山監督は誰を選んで、誰を捨てるのか?」の画像2 「2022年「高年俸」侍ジャパン!WBC優勝奪回へ栗山監督は誰を選んで、誰を捨てるのか?」の画像3