日ハム・清宮「怠慢プレー」に厳しい目 求められる「あの改善ポイント」とは
拡大する(全2枚)

 ほろ苦バースデーとなった。日本ハムは25日のヤクルト戦(神宮)に6ー7と連日のサヨナラ負け。最終回に守護神の北山が山崎に3ランを浴びて、交流戦は連敗スタートとなった。

【関連記事】「僕は常にいい感じですから」巨人・小林誠司の発言が注目集める「理由」とは

 この日の試合で厳しい目を向けられたのは、期待のロマン砲、清宮だった。4ー4の同点で迎えた9回。清宮、野村の連続適時打で一時勝ち越し、チームの雰囲気も最高潮に達した直後。2点リードし、尚も一死一、三塁の好機、打者・万波のワンストライク後に重盗を仕掛けるも三塁走者だった清宮はスタートが遅れて本塁憤死となった。清宮はベンチにリクエストを求めて目線を送るも、新庄監督はスルー。結果的にこの回、2得点どまりとなったことが勝負の分かれ目となった。9回裏に守護神の北山が山崎にサヨナラ3ランを浴び、敗れた。

 試合後の新庄監督は清宮の走塁に関して「スタートが遅すぎる」とばっさり。「ある? こんなゲーム。最後ダブルスチールであんなミスしていたら一生上に上がっていけないよね」と怒りは収まらなかった。

 この日、清宮は細かいミスも重ねていた。4回の第2打席は二塁打を放つも続く野村の二塁打で二塁から生還できず、守備でも失策がつかないミスを連発していた。この日は自身23歳の誕生日。打撃では5打数2安打1打点と気を吐いたものの、勝負どころのミスが響いた。

 「守備とか走塁とか迷惑をかけたので申し訳なかったです」と肩を落とした清宮。


 最近は、野村、万波と共に「ロマン砲クリーンアップ」が注目を集めている。一方で、この日の清宮のプレーに対してはこんな声も上がった。

 「以前から指摘されていますが、守備の粗さがなかなか改善できていません。どのチームでも若手登用のときに言われることは打撃に関しては波があるのは仕方がない。守備が安定しないと使いづらいとも。その点でいけば、最近は打撃で結果を残し始めてきただけに守備面の改善が早急に求められています」(放送関係者)

 打球判断、捕球態勢、守備位置など自身の努力、工夫によって改善を図れる部分に進歩が見られないとあって、周囲の目は厳しさを増している。

 交流戦最初のカードとなったヤクルト戦は、初戦は4三振、2戦目は勝負どころの走塁失敗と悪目立ちしてしまっている清宮。高校時代には本塁打を放つなど思い出の地、神宮での戦い、3戦目はいい話題でアピールしたいところだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

この記事の画像

「日ハム・清宮「怠慢プレー」に厳しい目 求められる「あの改善ポイント」とは」の画像1 「日ハム・清宮「怠慢プレー」に厳しい目 求められる「あの改善ポイント」とは」の画像2