「ミスも経験になる」Bリーグ・名古屋Dの齋藤拓実が語る“代表への想い”と“心と体”の整え方
拡大する(全2枚)

昨年11月に代表入りを果たした齋藤は、「パリ・オリンピックに選ばれるようになりたい」とハッキリと目標を口にした。(C)NAGOYAD

 桐光学園高、明治大を経てプロ入りし、昨シーズンから名古屋ダイヤモンドドルフィンズでポイントガードとしてチームを牽引する齋藤拓実。昨年は日本代表に選出されるなど、新たなステップを踏んだ逸材は、所属チームを西地区3位に導き、Bリーグのチャンピオンシップ進出に大きく貢献した。

 そんな齋藤に「CoCoKARAnext」が独占インタビューを実施。日本代表での経験や“心と体の整え方”について聞いた。トップアスリートの思考をたっぷりお届けしよう。

【動画】『世界の舞台で活躍するには?』トップアスリートが語る「ミスの対処法」と「心と体の整え方」名古屋ダイヤモンドドルフィンズ齋藤拓実選手インタビュー

――21年11月に日本代表に初選出されました。代表チームに対して、どんな思いを抱いていますか?

「結果を出したいです。自分の持ち味のスピードやアシスト、得点力もあると思っているので、そこは出していきたい。所属チームでは、シーズン終盤に自分のシュートにムラが出てしまい、確率が落ちてしまいました。ただ、そこはリセットして、日本代表での試合にフォーカスして自分の持ち味を出せたらいいなと思っています。

代表チームでは、どれだけ自分がヘッドコーチのバスケットを理解してコートで表現できるかが大事になると思っていますし、日本代表のポイントガードに定着できるように頑張りたいです。将来的なビジョンとしては、パリ・オリンピックに選ばれるようになりたいですね」

――代表メンバーで刺激を受けた選手は?

「やっぱり、長く代表でポイントガードを務めている富樫勇樹(千葉ジェッツ)さんは、得点能力が高かった。持ち味のプルアップシュート、スリーポイントもかなりクイックだなと感じました。そこのシュートが入るとドライブラインも自ずと開いてくるし、スコア能力があれば味方へのアシストもしやすくなる。ずば抜けた得点能力は凄いなと思いました」

――今後、代表に選ばれ続ければ、ワシントン・ウィザーズの八村塁選手やトロント・ラプターズの渡邊雄太選手ら海外組とプレーする機会も出てきますね。

「まだ海外組の選手と一緒にやった事がないので、すごく楽しみです。代表ではポイントカードの自分だけじゃなくて、八村選手や渡邊選手がボールを持つことも増えると思うので、逆に2人が僕を使ってくれるようなプレーとか、バリエーションも増えていくのかなと思います。対戦相手は2人にトラップだったり、ダブルチームに来ることが多かったりすると思うので、そういう時に他の選手の動きが重要になってくるのかなと感じています」

ミスをしても「考えすぎない事も大事」

――ここからは、「心と体」について聞かせてください。プレッシャーのかかる場面での対処法は?

「正直あまり深く考えた事はないですけど、楽しむことが1番だと思います。例えば、オリンピックやチャンピオンシップに出る事はなかなか経験できない事だと思うし、もしミスしてしまっても、それも経験になると思う。失敗してしまったとしても、ずっと練習してきたし、同じメンバーでずっと戦ってきたから、自分やチームを疑わないことが大事になると思います」

――上手くいかなかった時や、失敗した時の立ち直り方は?

「試合でミスしてしまった時に、何か明確な問題があるのであれば、自分の問題なのか、チームメイトとのコミュニケーションミスなのかを判断して、改善するようにしています。調子が悪い時はたくさんあると思うけど、そういう時に考えすぎない事も大事。そういった時はコーチに原因を聞くこともあるし、試合が終わってから自分の記憶やビデオから反省したりします。でも、考えすぎてしまった時は、好きな事でリフレッシュですね。美味しいものを食べたり温泉に行ったりする事で、体だけじゃなくて心もリフレッシュできるように心がけています」

――目標設定の仕方やモチベーションの保ち方は?

「優勝したい思いが強いので、そのために何が必要かを考えますね。ドルフィンズは、日々の練習のモチベーションが上がらない時もあったとしても、ヘッドコーチだけが注意するのではなくて、選手たちで自ら円陣を組んだりしてモチベーションを保つような文化ができています。自分もポイントガードなので、優勝するためにプラスになる事を日々、チームに言っているつもりです。そういう所が、目標をぶらさずいられる要因の一つかなと思います。個人の目標はそんなに考えてないですね。チームを勝たせられるポイントガードになれば、評価が自ずとついてくると思うので、チームを勝たせるために個人で何をやれるかを考えるようにしています」

――最後に、体のケアや心の整え方について聞かせてください。それぞれのケアは、どんなことを意識していますか?

「体のケアは、時間の許す限りトレーナーの方に見てもらっています。自分じゃ気づけない事もあったりするので、そういった部分をプロの方に見てもらってアドバイスをもらっています。あとは、温泉で体を休めるのが好きですね。オフシーズンなどに旅館に行ったり、銭湯に行ったり。体も心もリラックスできるので大好きです」

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

この記事の画像

「「ミスも経験になる」Bリーグ・名古屋Dの齋藤拓実が語る“代表への想い”と“心と体”の整え方」の画像1 「「ミスも経験になる」Bリーグ・名古屋Dの齋藤拓実が語る“代表への想い”と“心と体”の整え方」の画像2