知って得する!こってり料理をヘルシーに作るコツ

知って得する!こってり料理をヘルシーに作るコツ

 ハンバーグや揚げものなど、こってりしたものほど美味しく感じるものですが、ダイエット中は脂質のとり過ぎは控えたいもの。

 かといって、味気ない食事を続けるのも辛いですよね。

 そこで、美味しさを保ったまま、人気メニューをヘルシーに変身させる調理テクニックをご紹介します。

・合わせて読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法(https://cocokara-next.com/food_and_diet/banana-diet-tt/)

ハンバーグをヘルシーに作るには

 ハンバーグのカロリーダウンのポイントは、使う油の量を控えることと、材料の選び方です。

油の量を減らすコツ
みじん切りにした玉ねぎを耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをしてから電子レンジで温めると簡単に炒め玉ねぎがつくれます。玉ねぎ1個分だったら2~3分ほどの加熱が目安です。
たとえば、油大さじ1を使わずにこの方法で炒め玉ねぎをつくると、約111kcalのカロリーオフになりますよ。

お肉選びのコツ
ハンバーグといえば合い挽き肉ですが、実は意外と高カロリー。
なるべく白い脂の少ない部位の挽き肉を購入するか、自宅で赤身肉を細かく刻んで使うとカロリーダウンが可能です。

たとえば、合い挽き肉(牛:豚=7:3)100gは261kcalですが、牛もも赤身70gと豚もも赤身30gを使って調理すると、142kcalにまでカロリーを落とせます。

材料置き換えのコツ

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年6月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。