朝倉未来・海、不良たちを成功に導いた前田日明が説く人生の本質、前田日明×大山峻護スペシャル対談1
拡大する(全4枚)

(C)CoCoKARAnext

 現在日本の格闘技界を牽引する朝倉未来・海兄弟などを輩出した格闘技イベント「THE OUTSIDER」が約2年半ぶりに復活。格闘技を通じて不良少年の立ち直りや青少年の健全育成を目指す同イベントを手がけるのは、元プロレスラーの前田日明さん。アントニオ猪木氏率いる「新日本プロレス」でデビューし、「UWF」、「リングス」と世の中を熱狂させてきた「格闘王」だ。

 そんな前田さんに話を聞くのは、以前から親交のある元総合格闘家の大山峻護さん。柔道選手から総合格闘家に転身し、ヴァンダレイ・シウバやミルコ・クロコップ、ピーター・アーツなどと拳を交えてきた魂の格闘家だ。

 新日本プロレス時代のエピソードから、社会現象を巻き起こすための生き方、格闘技や日本の未来に対しての提言など、ありのままを語った。

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?

猪木さんの言葉を忠実に実現してきただけ

大山:僕は小学生の頃から大のプロレスファンで、会場で前田さんが歩いているところを見つけて「サインください!」って言っていたくらい、前田さんに憧れていました。当時日記に「いつか前田日明に認められる男になる!」って書いていたんですよ。それで僕が大人になって、「HERO’S」に出るようになった時に前田さんにお会いして、挨拶をさせてもらいました。


この記事の画像

「朝倉未来・海、不良たちを成功に導いた前田日明が説く人生の本質、前田日明×大山峻護スペシャル対談1」の画像1 「朝倉未来・海、不良たちを成功に導いた前田日明が説く人生の本質、前田日明×大山峻護スペシャル対談1」の画像2 「朝倉未来・海、不良たちを成功に導いた前田日明が説く人生の本質、前田日明×大山峻護スペシャル対談1」の画像3 「朝倉未来・海、不良たちを成功に導いた前田日明が説く人生の本質、前田日明×大山峻護スペシャル対談1」の画像4