日本ハム・清宮 心配される指揮官との「すきま風」 注目集める「あのコメント」とは
拡大する(全2枚)

(C)CoCoKARAnext

 リーグ戦再開後、連敗に苦しんでいた日本ハムは26日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)に延長戦の末、勝利。連敗を7で止めた。

 一方、この3連戦で注目を集めたのは新庄監督から清宮に向けられた「クールな視線」だった。

【関連記事】鳴かず飛ばずで消えた大物もいれば、息の長い活躍も 国内復帰の秋山が辿る国内復帰の道のりとは

 清宮は初戦となった24日の試合前練習を途中で切り上げ、病院で検査を受け「胃腸炎」と診断された。

 この結果を受け、新庄監督は翌日の試合出場に関して「まだそこまでの選手じゃない。ベンチにも選手はたくさんいる。無理してということはない」とばっさり。暗にレギュラー格ではないことを示唆した。

 この話には「伏線」もあった。3ー6と痛恨のサヨナラ負けを喫した22日の楽天戦(盛岡)、1点を追う6回に清宮は楽天・和田の平凡な一飛を落球するボーンヘッド。これには新庄監督も「それは彼に聞いて。ビックリしたもん。星が目に入ったかもしれない」と苦笑いする場面があった。この試合、清宮は3三振を喫していた。

 迎えた週末のソフトバンク3連戦。清宮は胃腸炎で初戦を欠場。新庄監督は逆にこの試合で「収穫」を口にする場面もあった。清宮の代わりに一塁を守って好守を披露した浅間に対して「もう7年半くらいしているくらいの守備をしていて、うまかった。これがきっかけで浅間君、レギュラー獲るかもしれない」とコメント。外野が本職ながら、慣れない一塁守備を無難にこなした浅間を絶賛してみせたのだ。


この記事の画像

「日本ハム・清宮 心配される指揮官との「すきま風」 注目集める「あのコメント」とは」の画像1 「日本ハム・清宮 心配される指揮官との「すきま風」 注目集める「あのコメント」とは」の画像2