喝!「若者の青春を大人が取り上げている!」前田日明が憂う日本&格闘技の問題点、前田日明×大山峻護スペシャル対談2
拡大する(全5枚)

(C)CoCoKARAnext

 「新日本プロレス」、「UWF」、「リングス」、「アウトサイダー」と世の中を熱狂させてきた格闘王・前田日明さんと、元PRIDE戦士・大山峻護さんによる対談第2弾!

 日本への提言を綴った著書「日本人はもっと幸せになっていいはずだ」(サイゾー/2021年)を上梓した前田さんが、日本の矛盾点、格闘技の改善点を一刀両断!

【関連記事】朝倉未来・海、不良たちを成功に導いた前田日明が説く人生の本質、前田日明×大山峻護スペシャル対談1

好奇心が人生を作る

大山:リングスやアウトサイダーなど、前田さんはいつも新しいもの、人がやらないものを作ってきました。レジェンドでありながら、今の時流も柔軟に取り入れて、常にアップデートされている。そういった生き方とか、発想はどうやって生まれるんでしょうか?

前田:別に発想があるわけじゃないんだよね。好奇心が強いから、とりあえずいろんなことに手を突っ込んでみる。そこから自分に合うもの合わないものが見つかるし、経験や知識、価値観が生まれてくる。

大山:前田さんのすごいところは知識の広さと深さ。大学の教授とか、いろいろな文化人と真っ向勝負で話せるところがすごいです。視野が広いですよね。

前田:昔から活字中毒だったからね。プロレスラーになる前は1人の生活が多くて、10代の頃にずっと家に1人でいると、頭が狂いそうになるのよ。だから本を読むしかなかった。俺が高校入って空手を始めた昭和の時代って、柔道や剣道、空手をやっている人たちは本に埋もれて暮らしているような人がいっぱいいた。それで俺も先輩に文学を読めって言われて、太宰治とか三島由紀夫とかを読むようになったんだよね。


この記事の画像

「喝!「若者の青春を大人が取り上げている!」前田日明が憂う日本&格闘技の問題点、前田日明×大山峻護スペシャル対談2」の画像1 「喝!「若者の青春を大人が取り上げている!」前田日明が憂う日本&格闘技の問題点、前田日明×大山峻護スペシャル対談2」の画像2 「喝!「若者の青春を大人が取り上げている!」前田日明が憂う日本&格闘技の問題点、前田日明×大山峻護スペシャル対談2」の画像3 「喝!「若者の青春を大人が取り上げている!」前田日明が憂う日本&格闘技の問題点、前田日明×大山峻護スペシャル対談2」の画像4
「喝!「若者の青春を大人が取り上げている!」前田日明が憂う日本&格闘技の問題点、前田日明×大山峻護スペシャル対談2」の画像5