巨人・岡本和真、このままでは今季「無冠」に 最大の敵は味方の投手陣だった!?
拡大する(全2枚)

 一昨年、昨年と2年連続でセ・リーグの本塁打キングと打点王を手にした巨人・岡本和真が、「無冠」の危機にさらされています。

【関連記事】巨人・小林誠司の6月 ついに月間打率0割0分0厘 それでもチームに必要な理由

 理由はもちろん、好敵手のヤクルト・村上宗隆の大爆発です。6月29日の広島戦(マツダスタジアム)では2本塁打を放ち、チームを13カード連続の勝ち越しへと導きました。3試合連発、最近6試合の打撃成績は25打数12安打の打率4割8分、8本塁打と規格外の成績。6月は14本塁打、35打点と猛威を振るったのです(6月29日現在)。

 岡本は今シーズン、20本塁打、59打点とこの2部門では奮闘していますが、村上との差は開くばかり。それと比例するように、ヤクルトと巨人のゲーム差も「12」まで広がってしまいました。

 巨人担当記者は言います。

 「今季もセ・リーグのタイトル争いは村上と岡本がリードすると開幕前から見られていましたが、岡本は打率が上がらないのが悩みの種です。ここまで打率2割5分3厘と打撃成績では23位にとどまり、下から5番目に甘んじています。得点圏打率は3割1分2厘と勝負強さを見せ、4番としての意地を見せていますが、村上は打率3割2分と三冠王を視野に入れていますから、なかなか差は縮まらないでしょう」

 そして、本来なら巨人の主砲をアシストすべき味方の投手陣が、足を引っ張っているという事実も見逃せません。


この記事の画像

「巨人・岡本和真、このままでは今季「無冠」に 最大の敵は味方の投手陣だった!?」の画像1 「巨人・岡本和真、このままでは今季「無冠」に 最大の敵は味方の投手陣だった!?」の画像2