大橋会長が語る井上尚弥の心技体 「メンタル編」、衝撃のデビュー戦での落ち着きエピソードとは?

       
大橋会長が語る井上尚弥の心技体 「メンタル編」、衝撃のデビュー戦での落ち着きエピソードとは?

 第一に井上は謙虚です。

 彼ほどの強さと実績、世間的な注目を考えれば天狗になってもおかしくはありません。努力を重ねて世界チャンピオンとなったわけですから、私の本音を言えば「ある程度はなっても仕方がないのかな?」とは思います。
実際、真面目で努力を惜しまない川嶋勝重や八重樫東ですら、チャンピオンになった当初は、少なからずそういった変化を感じたものです。でも、井上にはそれが全くなかった。

 それは、井上を子供の頃から指導している、父親の慎吾さんの影響が大きいでしょう。

 井上尚弥というボクサーは、謙虚であり努力家です。慎吾さんが、練習量など努力の必要性を息子に教えてきたことで、「俺はこれだけやったんだから負けるわけがない」という自信を与えてくれたし、何よりも私が素晴らしいと感じたのは、ボクシングの面白さを本人に植え付けてくれたことです。

 例を挙げると、ボクサーに必要不可欠な練習であるロードワーク。ただ走るだけの、単調で地味なトレーニングです。そのメニューを黙々と消化させるのではなく、弟の拓真やいとこの浩樹との合宿中などには、「じゃんけんで勝った方がダッシュをする」と言ったゲーム性を取り入れたりしていた。子供の頃から遊び心のある練習をしていることで、井上の中で「ボクシングは楽しいものなんだ」と根付く事ができたのでしょう。

 だから井上は、弱音は一切吐かないし、不安も口にしません。それは、本人の「細かいことは気にしない」という大らかな性格も関係しているのかもしれませんが、やはりボクシングを楽しんでいるからなのでしょう。ほとんどの選手は、試合前は緊張し「負けたらどうしよう……」、「絶対に勝てる!」と心の中で葛藤を繰り返しながらリングに上がるものですが、井上にはそれがない。常に自信満々でトレーニングを積んでいるし、試合の直前になっても自然体でいられるのです。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。