松坂大輔と井上尚弥の共通点 大橋会長が語る井上尚弥の心技体「カラダ編」

 全スポーツ競技の中で「地球上最強のアスリート」と言っても過言ではないであろう、ボクシング井上尚弥。今週末、5月18日(現地時間)にはスコットランドでのWBSS準決勝、IBFバンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との一戦を控える。

松坂大輔と井上尚弥の共通点 大橋会長が語る井上尚弥の心技体「カラダ編」

 実は井上尚弥、2018年は2試合で合計182秒、つまり約3分(1ラウンド分)しかリングに立っていない…。

 2018年10月7日に横浜アリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のバンタム級初戦では、元WBA世界バンタム級スーパー王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。1分10秒でKO勝利、準決勝進出を決めた。

 1試合さかのぼり、2018年5月25日にはジェイミー・マクドネル(イギリス)とWBA世界バンタム級タイトルをかけて戦い、1分52秒でTKO勝ち。

 強すぎるがゆえに、対戦相手が見つからないと言う悩みがしばらくあったが、WBSSと言う大会のおかげでしばらくは、井上尚弥の試合を楽しむ事ができそうだ。

 スピード、テクニック、パワーと全ての面で周囲が羨むレベルを兼ね備え、リング上で圧倒的なパフォーマンスを披露し続けている。

 その強さの秘密はどこにあるのだろうか。

 井上の所属ジム会長で、現役時代は「100年に1人の天才」と言われた元世界チャンピオン・大橋秀行さんに、「150年に1人の天才」と呼ばれる井上尚弥の心・技・体について語ってもらった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 井上尚弥 スパー
  2. 井上尚弥 バンダム級
  3. 井上尚弥 海外
CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年5月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「井上尚弥 + 王者」のおすすめ記事

「井上尚弥 + 王者」のおすすめ記事をもっと見る

「井上尚弥 + 海外」のおすすめ記事

「井上尚弥 + 海外」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「井岡一翔」のニュース

次に読みたい関連記事「井岡一翔」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。