「弌大」「治大」「円裕」「虎上」…よ、読めない。難読改名スポーツ人列伝

「弌大」「治大」「円裕」「虎上」…よ、読めない。難読改名スポーツ人列伝
       

 サラリーマンと比べて、スポーツ人は破格の富と名声を手にする代わりに、多くの不確定要素と戦っています。勝負は時の運ですし、どれだけパフォーマンスの質を高めても、常にケガのリスクと隣り合わせにあるからです。目の前にそびえるハードルを越えるため、何かきっかけがほしい-。スポーツ界に改名する人が多いのは、そんなところに理由があるのかもしれません。

 今シーズンからオリックスから日本ハムに戦いの舞台を移した金子千尋投手ですが、入団会見では登録名を「弌大」に改名することを発表しました。読みは「ちひろ」のままでしたが、普段あんまり目にしない漢字とあって、ファンの間でザワザワしたことも事実です。このように改名と難読は密接不可分とも言えます。過去、ファンがザワついたスポーツ選手の改名について、今回は特集したいと思います。

「弌大」「治大」「円裕」「虎上」…よ、読めない。難読改名ス...の画像はこちら >>

・合わせて読みたい→
GACKT、氷室京介、哀川翔…意外すぎる人気芸能人の本名(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/male-entertainer-real-name-is-too-surprising-tt/)

【片岡治大(やすゆき)※易之から改名】
 元々は「保幸」でした。社会人野球の東京ガス時代に「易之」と変えており、西武時代の2012年12月30日に「治大」とすることを発表しました。

 2008年にはライオンズの日本一に貢献したスピードスター。2010年までは4年連続盗塁王に輝くなど、球界屈指のリードオフマンとして活躍していましたが、2012年は右手首の負傷もあって出場52試合にとどまり、打率2割2分5厘、2本塁打、19打点と本領発揮ならず。同年秋に手術を行い、完全復活を目指しました。

あわせて読みたい

CoCoKARAnextの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。