スター軍団ドジャースの一員となった大谷。その契約に対する反響は止まらない。

(C)Getty Images

 エポックメーキングな契約には、さしものメジャーリーガーたちも脱帽しっぱなしだ。現地時間12月9日に発表となった大谷翔平のドジャース移籍に対する反響が広まっている。

【関連記事】世界が沸いた大谷翔平のFA移籍 退団の現実を目の当たりしたエ軍ファンは意気消沈 番記者が「通夜のよう」と嘆き

 何よりも驚くべきは、歴史に残る規模となった契約だ。後払いの利子分を含めているものの、10年総額7億ドル(約1014億円)は、まさに規格外。サッカーのアルゼンチン代表FWであるリオネル・メッシが17年11月にスペインの名門バルセロナと締結した6億7400万ドル(約977億円)を超え、“史上最高額の契約”となった。

 去る11月2日に正式にFAを公示されて以来、水面下で進み続け、球界全体を巻き込んだ関心事となっていた交渉がようやく終わりを迎えた。

ただ、誰もが予想だにしていなかった契約内容には、現役メジャーリーガーたちも驚きの声をあげた。

 MLB公式サイトは「ショウヘイ・オオタニの契約がスポーツ界を魅了する」と銘打った記事を掲載。そのなかで、現役スターたちがX(旧ツイッター)に投稿したコメントを紹介している。

 メジャー通算356本塁打を記録したジョーイ・ボットーは「店で大爆笑したよ。店員に大丈夫か心配されたぐらいだ」と投稿。さらに元ドジャース所属のキケ・ヘルナンデスは「床に落ちた俺の顎を拾ってくれる会社を誰か知っていたら教えてくれ!!」と強調し、古巣への大谷加入に驚きを隠せない様子だ。


 また、野球界以外にも反響は広まっている。これまで北米4大スポーツ(MLB、NFL、NBA、NHL)で最高額契約(10年5億300万ドル=約729億円)を誇っていたNFLの大スターであるパトリック・マホームズは「マジかよ!ってなってる。とにかく彼(大谷)におめでとうと言わなくちゃ」と興奮気味にツイート。これに元NFLスターのJJ・ワット氏が返信を送る形で「2つのことをプロレベルでできるってどれだけすごいことか。マジでショウヘイ・オオタニは正気の沙汰じゃない」と絶賛した。

 さらに大の野球好きとしても知られるNBAスターのドノバン・ミッチェルも自身のXで「7億ドルは本当にクレイジーだ! だけど、彼はそれだけの価値が充分にあるよ! いやいやマジでヤベェって」と驚嘆。

大谷の異能さに敬意を表した。

 スポーツの垣根を越えて、大きな反響を呼んだ大谷のドジャース移籍。米球界で随一の知名度を誇る常勝軍団の一員となった二刀流スターの一挙手一投足には、今後も注目が集まり続けそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]