あれ?タスキを渡すランナーがいない!箱根駅伝、悔やまれるミス

 東海大の初優勝で幕を閉じた2019年箱根駅伝だったが、往路のタスキリレーで目を疑う場面が2度あった。

「タスキを渡すランナーがいない!」

 最初は1区から2区の駒沢大、2度目は3区から4区の国士舘大。テレビで視聴していた人なら、誰もが驚いたはずだ。

あれ?タスキを渡すランナーがいない!箱根駅伝、悔やまれるミス

・合わせて読みたい→
箱根駅伝珍場面集 フリーザ出現、全員コース間違えetc.(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hakone-ekiden-rare-scene/)

 駒沢大は1区の片西景(4年)がトップからわずか9秒差の7位で鶴見中継所に到着。しかし、2区で待ち受けているはずの山下一貴(3年)がスタート地点にいない。片西は周囲を見回し、立ち止まって困惑。テレビの実況もこの予想外のハプニングに「タスキが渡せない!」「相手を探している!」と声を張りあげた。

 約10秒が経過し、スタート地点に現れてタスキを受け取った時には、すでに2人に抜かれた後だった。山下は「(1区の到着まで)あと1キロだと聞いて、3分くらいあるなと思っていた…。ヤバいなと思った。(1区の先輩)片西さんの顔が怖かった。帰ったら謝ります。申し訳ありません」。区間9位の走りで7位のまま3区につないだものの、レース後は肩を落とした。

 大八木監督は「もったいない。付き添いも含めて、ちゃんとやってほしかった。あれでタスキをスムーズに渡して、山下が前方の先頭集団につければ、また違ったかもしれない」と悔やむ。数秒の遅れが致命傷になり、レースの流れまで失ってしまうのが駅伝の怖さ。総合順位はトップと8分56秒差の4位。予選会から復活ののろしをあげたとはいえ、タスキリレーのミスも響いて優勝争いには1度も絡むことができなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

CoCoKARAnextの記事をもっと見る 2019年1月4日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。