原作者も困惑⁈ 禁断の“埼玉ディス”漫画が実写映画化されてしまった!

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第570回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、2月22日から公開の『翔んで埼玉』を掘り起こします。


もう「ダさいたま」なんて言わせない!

原作者も困惑⁈ 禁断の“埼玉ディス”漫画が実写映画化されてしまった!

埼玉から東京に行くには通行手形がいる! 埼玉県民には、そこらへんの草を食わせておけ!!…などなど、過激な“埼玉いじり”が衝撃的なインパクトを放つコミック「翔んで埼玉」。「パタリロ」で知られる魔夜峰央が1980年代に連載していたギャグ漫画で、2015年に宝島社から新装版が復刊されると、SNSで大反響を呼び、約30年の時を経て大ヒットを記録。

そんな禁断の“埼玉ディス漫画”が、まさかの実写映画化! 原作者の魔夜峰央氏さえも困惑を覚えるほどの“衝撃”が、全国を駆け巡っています。

原作者も困惑⁈ 禁断の“埼玉ディス”漫画が実写映画化されてしまった!

その昔、埼玉県民は東京都民から、それはそれはひどい迫害を受けていた。通行手形がないと東京に出入りすることさえできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されてしまうため、埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。

そんなある日、東京の超名門校・白鵬堂学院で、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、生徒会長として君臨する都知事の息子・壇ノ浦百美は、自らの運命を大きく変える男と出会う。

彼の名は、麻実麗。容姿端麗でインテリなアメリカ帰りの転校生だ。互いに惹かれ合う2人だったが、実は麗は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだった…。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年2月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。