本日、3月4日は山本リンダの誕生日~ミノルフォン時代のリンダは必聴

【大人のMusic Calendar】

1951年(昭和26年)の本日3月4日は、山本リンダの誕生日。彼女の生い立ちや人となりについて触れるより、さっさと音楽の話題に進みたい。何しろ、率直な思いは「遂にミノルフォンのことが書ける!」だから。

と言いつつも、筆者のリンダとの出会いは、当然ミノルフォン時代ではない。同世代の方々の大半と同じく、1972年6月リリースされた大ブレイク作「どうにもとまらない」によってである。とにかく、派手。子供心に抱いていた「歌」のイメージが豹変した。当然、デヴィッド・ボウイもT.レックスも、エルトン・ジョンさえも、まだ我が視界に現れる前の話。山本リンダこそが我が「グラム」原体験である。この後、「狙いうち」「きりきり舞い」などヒットが続き、さらに夏木マリ、金井克子といった「変身組」が次々とアクション歌謡路線に参戦して来る。これが筆者のグラム・ロック体験に免疫を打ち付けたのは確実だ。
その頃、ちょい懐メロという感じでラジオの電波に時折乗っていたのが、「こまっちゃうナ」だ。普段聴いているド派手なリンダの歌とは全然違うし、当時百恵や淳子が歌っていた純真なアイドル歌謡とも違う。不思議な歌だと思った。同時期のリンダの曲と同じくらい、幼心に強烈に残ったのである。それこそが、1966年9月リリースされた彼女のデビューシングルであった。リンダ15歳の時のことである。

本日、3月4日は山本リンダの誕生日~ミノルフォン時代のリンダは必聴

本日、3月4日は山本リンダの誕生日~ミノルフォン時代のリンダは必聴

本日、3月4日は山本リンダの誕生日~ミノルフォン時代のリンダは必聴

後々歌謡史をおさらいするうちに、「どうにもとまらない」でブレイクする前、彼女がミノルフォンに残した作品がシングル18枚(アルバムも1枚あるが、全てシングルでリリース済みの曲から成っていた)に及んでいたことを知った。やがて筆者は、ふとしたきっかけでミノルフォンレコードの泥沼にハマってしまう。しかし、アニメ「ちびまる子ちゃん」がきっかけで再びリンダブームが盛り上がり、新作やリミックスアルバムがリリースされるという90年代の風潮とは裏腹に、「リンダは後回しでも構わないよね」と割り切り、ビートルズ来日騒ぎの影に隠れて自ら命を絶った悲運の青春少女歌手・丘千恵子や、のちに波乱万丈の歌手生活を送ることになる花里あけみ(=麻丘めぐみの姉・藤井明美)といった、ミノルフォン色がより濃厚な歌手の方に進んで惹かれていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

山本リンダのプロフィールを見る
1242.comの記事をもっと見る 2019年3月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「阿川佐和子」のニュース

次に読みたい関連記事「阿川佐和子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中山優馬」のニュース

次に読みたい関連記事「中山優馬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤勝利」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤勝利」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。