ギターを弾くこと、音楽を作ること、そして生きていくことの意味を常に自問自答しながら創作に挑んだ求道者・井上堯之。

ギターを弾くこと、音楽を作ること、そして生きていくことの意味を常に自問自答しながら創作に挑んだ求道者・井上堯之。

【大人のMusic Calendar】

昨年5月2日の突然の訃報から、早いものでもうすぐ1年を迎えようとしている今日3月15日は井上堯之の誕生日である。1941年3月15日、兵庫県神戸市に生まれた井上堯之は、2歳の時に父親がニューギニアで戦死。終戦を迎えた4歳から母親の再婚相手の実家で育てられる。

中学時代に進駐軍のラジオ放送から流れるリッキー・ネルソンやエルヴィス・プレスリーなど米国のポップス・ヒットに興味を持ち、兵庫県立星陵高校2年生の時に友人からギターを譲り受けたことがきっかけとなり、アマチュア・バンドを結成。神戸国際会館で行なわれた赤木圭一郎の新作映画の舞台挨拶イベントに前座出演したのがステージ・デビューとなった。

高校卒業後は神戸市内のデパートの食堂に就職したものの、夜は風俗系サロンのハウスバンドのメンバーとして演奏活動を続けた後、ロカビリー系バンドをいくつか転々としながらジャズ喫茶に出演するようになる。

1962年、一念発起して上京した彼は、結成間もない田辺昭知とザ・スパイダースにシンガーとして加入する。当時のスパイダースは、リーダーの田辺がロカビリー全盛期に活躍した精鋭たちを集めて結成したラウンジ・ジャズ系バンドで、のちにGS時代のメンバーとなるのは、まだ田辺と堯之(当時の表記は孝之)だけだった。

その後、ホリプロがスパイダースなど所属バンドの歌手3人を集めて「スリー・ジェット」という、映画『ウエスト・サイド物語』を意識した歌って踊るユニットを企画。堯之もメンバーに選抜されるが、先発のジャニーズの人気には及ばず、結局レコード・デビューもできぬまま解散となった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

1242.comの記事をもっと見る 2019年3月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。