英のEU離脱で揉めているアイルランド国境問題とは

ニッポン放送「飯田浩司の OK! Cozy up!」(3月13日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。13日に採決が行われたEU離脱の協定案の結果を受け、改めて英のEU離脱問題について解説した。

英のEU離脱で揉めているアイルランド国境問題とは

イギリスのEU離脱問題、イギリス議会が離脱協定案を否決

イギリス議会はメイ首相とEUが再協議で合意した離脱協定案の採決を行い、賛成242、反対391で否決した。イギリスのEUからの離脱は今月29日が期限。今後は合意無き離脱と離脱延期について相次いで裁決が行われることになる。

飯田)現地13日、日本時間の明日朝早く、採決が行われるということですが。

高橋)分かりにくいですよね。そもそも何をやっているかわからないところがあるでしょう。

飯田)何で揉めているのかよくわからないですね。

英のEU離脱で揉めているアイルランド国境問題とは

「英EU離脱へ」EU離脱案、大差で否決  15日、EUとの離脱合意案の採決前に英下院で演説するメイ首相=ロンドン(ロイター=共同)

ここまでも揉めている難題はアイルランド国境問題

高橋)振り返ってみると、イギリスがEUから離脱する選択をした。EUから離脱すると関税はEUではないところになります。そうするとEUとの間で国境措置を作らないと関税ができない。イギリスを見ると島国だから国境措置を作ることは簡単だと思ったのだけれども、北アイルランドがアイルランドのところにあります。北アイルランドとアイルランドは歴史的に国境がほとんどありません。そこに国境措置を作るのは、イギリスとしては「ちょっと違うだろう」という話になる。EUの方から見ればそこに国境措置を作ってくれればいい。でもイギリスは北アイルランドだけ別の措置をと言ったけれども、そうすると今度は北アイルランドとイギリス本土が分断されてしまう。これで大騒ぎになってしまったという話なのですよ。解決策はなかなか無い。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年3月13日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。