死が近づくほど、命は美しく輝き出す…

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第587回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、3月15日公開の『君は月夜に光り輝く』を掘り起こします。


永野芽郁 × 北村匠海、美しく紡がれた“新時代の純愛映画”

死が近づくほど、命は美しく輝き出す…

高校生の岡田卓也はクラスの寄せ書きを届けるために行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみずと出会う。彼女は不治の病である発光病を患っていた。それは細胞異常によって皮膚が発光し、その光は、死が近づくにつれて強くなると言われており、成人するまで生存した者はいないという病気だった。

卓也は病院から出ることが許されないまみずに変わって、彼女の願いを実行し、その感想を伝える“代行体験”を行うことに。“代行体験”を通じて、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれて行く。しかしその反面、2人は迫り来る死の恐怖に襲われるようになり…。

死が近づくほど、命は美しく輝き出す…

第23回電撃小説大賞で大賞を受賞した、佐野徹夜のデビュー作「君は月夜に光り輝く」。胸をつく“圧倒的な感動作”として、新人作家のデビュー作ながらも異例のヒットを記録したベストセラー小説が、待望の映画化となりました。

原因不明の不治の病“発光病”を患う、余命ゼロの少女・渡良瀬まみずと、彼女が叶えることのできない願いを“代行体験”という形で叶えて行く少年・岡田卓也。“生と死”に向き合う姿を美しく描いた、“新時代の純愛物語”とも呼べる1作が誕生しました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 永野芽郁 ドラマ
  2. 永野芽郁 映画
  3. 永野芽郁 朝ドラ
1242.comの記事をもっと見る 2019年3月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「永野芽郁 + ドラマ」のおすすめ記事

「永野芽郁 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「永野芽郁 + 朝ドラ」のおすすめ記事

「永野芽郁 + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「長澤まさみ」のニュース

次に読みたい関連記事「長澤まさみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。