知的障害のある方のアートが素晴らしい理由

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、株式会社ヘラルボニー松田崇弥・松田文登が出演。知的障害を持つ方のアートの素晴らしさについて語った。

知的障害のある方のアートが素晴らしい理由

黒木)今週のゲストは株式会社ヘラルボニーの松田崇弥さんと松田文登さんです。
知的障害者の方が作られたアート作品を持って来ていただきました。ネクタイや、ペンや、ブックカバー、蝶ネクタイと、実用的な製品になっています。カラフルですね、印象が。

崇弥)知的障害のある方の描くアート作品について、よく語られるのが、色彩感覚が豊かだというところです。カラフルなものをテキスタイル化した製品が多いです。

黒木)傘もあるし、Tシャツは刺繍ですね。「才能は人に見て貰って始めて才能になる」と。良い言葉だなと思いました。施設で素晴らしい物を描いていても、その才能を見て貰いたいと素直に思われたのですよね。

崇弥)そうですね。前職は代理店で働いていました。2年目くらいのときに母親に連れられて岩手県にある「るんびにい美術館」という知的障害のある方の作品が展示される美術館に行ったのですが、そのとき、「これだ」と思いました。これをもっと世の中に知らしめて行きたいと思いました。

黒木)そのときに展示してあったのは、どのようなものだったのですか?

崇弥)当時展示されていたもので印象に残っているのは、八重樫季良さんという方が描いた作品です。八重樫さんはお父さんが大工さんだったので、家に大量に図面が転がっていたそうです。そのような環境から、図面に色を塗る感覚で作品を作っている方で、この作品は「家」というタイトルの絵です。真四角とか丸とか、図面の平面図のように色を塗られています。四角は窓で、この丸い部分は、本人曰くトイレだとのことです。

...続きを読む

あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年3月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。