豊橋駅「三色稲荷寿し」(620円)~3つの味が楽しめる豊橋名物!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

豊橋駅「三色稲荷寿し」(620円)~3つの味が楽しめる豊橋名物!

923形新幹線電気軌道総合試験車(ドクターイエロー)、東海道新幹線・浜松~豊橋間

白と青の新幹線が数分おきに行き交う、日本の大動脈・東海道新幹線。
そのなかで黄色い新幹線(923形新幹線電気軌道総合試験車・ドクターイエロー)に遭遇すると、ちょっぴり幸せな気分になれるものです。
新幹線の安全を守るため、およそ10日に1度行われる電気設備や軌道設備の計測。
やはり、白・青・黄の三色がそろって初めて、東海道新幹線と言えるのかもしれません。

豊橋駅「三色稲荷寿し」(620円)~3つの味が楽しめる豊橋名物!

三色稲荷寿し

東海道新幹線のほぼ中間地点に当たる豊橋駅。
じつは豊橋の名物駅弁でも、三色の味を楽しむことができます。
豊橋駅弁「壺屋弁当部」が製造・販売する、その名もズバリ「三色稲荷寿し」(620円)。
通常の「稲荷寿し」とほぼデザインが同じ、きつねと鳥居が描かれた掛け紙に、「三色」の文字が刷り込まれています。

豊橋駅「三色稲荷寿し」(620円)~3つの味が楽しめる豊橋名物!

三色稲荷寿し

【おしながき】
・稲荷寿し
・ちりめん山椒入り稲荷寿し
わさび菜入り稲荷寿し
・紅しょうが

豊橋駅「三色稲荷寿し」(620円)~3つの味が楽しめる豊橋名物!

三色稲荷寿し

レギュラーの稲荷寿し3個に加え、ちりめん山椒入り稲荷寿しとわさび菜入り稲荷寿しが2個ずつ入った「三色稲荷寿し」。
甘い揚げの稲荷寿し、ちりめん山椒の塩っ気、わさび菜のピリ辛感が、程よいバランスで、紅しょうがでアクセントを付けながら、飽きることなくいただくことができます。
3つの味で座りがいい…、やっぱり駅弁は日本の文化なんですよね。

豊橋駅「三色稲荷寿し」(620円)~3つの味が楽しめる豊橋名物!

N700A新幹線電車「のぞみ」、東海道新幹線・浜松~豊橋間

同じように見える最新鋭のN700系新幹線電車にも3つの種類があります。
N700のロゴの横に小さく「A」と書かれた、平成19(2007)年から活躍しているタイプ。
N700のロゴの横に大きく「A」と書かれた、平成25(2013)年に登場したタイプ。
そして目下、試運転中の「N700S」と呼ばれるタイプ。
一見、見た目は同じでも、中味はそれぞれ大きく進化している新幹線なのです。

豊橋駅「三色稲荷寿し」(620円)~3つの味が楽しめる豊橋名物!

radikoのタイムフリーを聴く:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190320071119

あわせて読みたい

気になるキーワード

1242.comの記事をもっと見る 2019年3月20日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「串揚げ」のニュース

次に読みたい関連記事「串揚げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「弁当」のニュース

次に読みたい関連記事「弁当」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「うなぎ」のニュース

次に読みたい関連記事「うなぎ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。