森永卓郎が提言~野党がするべきことは「これだ!」

「垣花正 あなたとハッピー!」(3月27日放送)に経済アナリストの森永卓郎が出演。毎月勤労統計の不適切調査等に言及する野党だが、野党がするべきことはそうではない! と持論を述べた。

森永卓郎が提言~野党がするべきことは「これだ!」

政治 衆院予算委員会に参考人招致され、答弁を行う毎月勤労統計調査問題の特別監察委員会・樋口美雄委員長=2019年2月4日 写真提供:産経新聞社

毎月勤労統計の不適切調査に言及しても前には進まない

今年(2019年)1月、厚生労働省が賃金や労働時間を示す毎月勤労統計調査というものを出していますが、そこで不適切な調査を続けていたことが発覚しました。これを野党は追及したのですが、その際の追求のしかた、喧嘩の仕方が下手だと思わずにいられない。統計の問題で些末なところに終始していますが、もっと大きなところで議論すべきなのです。

野党の基本的な追及のスタンスは「アベノミクスが成功した」ということを政府が見せたいがために不適切な手法で調査をして、賃金の伸びを実際よりも高く見せかけていたのではないか。それを政府が指示した、とまでは言わないけれども、役人が忖度をしてそのようになったのではないかと言って、官僚を連れて来て「やっただろう」と国会で追及して来たわけです。

加計学園のときにも同じ問題が起こったのですが、そこで「はい、忖度しました。私は官邸にゴマをするためにわざと統計をごまかしました」などと、官僚が言うはずはない。そんなことをしたら政権が揺らいでしまいます。仮に本当にそうだったとしても、言うはずがありません。証拠はないわけですから、「記憶にありません」とか「そんなことはまったくありません」と全面否定します。
そこで“すったもんだ”をやっていて、話が前に進まないのが、これまでの野党と与党のやり取りです。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年3月27日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。