ゴーン前会長4度目の逮捕へ~なぜ検察は動いたか

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月4日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告に検察が任意同行をかけた背景について解説した。

ゴーン前会長4度目の逮捕へ~なぜ検察は動いたか

【ゴーン被告保釈】弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン被告=2019年3月6日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

カルロス・ゴーン被告、オマーン資金流用の疑いで任意同行、4度目逮捕へ

特別背任の罪などで起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が、オマーンの販売代理店側に日産の資金を不正に支出し、一部を流用した疑いがあるとして、4月4日早朝、東京地検の係官が自宅に入った。逮捕されればこれで4回目となる。

飯田)一部報道で、ゴーン前会長を乗せたとみられる車がすでに検察庁の敷地内に入ったと。ここで取り調べを行って、固まり次第逮捕。すでに逮捕状を取っているという話もあります。

鈴木)任意同行で引っ張って行くときには証拠をすでに固めていて、あとは本人の自供だけ。もう連れて行ったらその日の夜に逮捕状を取って執行する、そういうことです。任意同行で連れて行かれたということは、これで身柄を取られる可能性が非常に高いということだけれども、どうも任意同行だという話になったときに「あー」と思ったことが1つあります。それは昨日(4月3日)の夜、ゴーンサイドが11日に記者会見をやるということをツイッターで発表しましたよね。

飯田)ツイッターでゴーン氏個人のものとみられるアカウントができて。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年4月4日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。