沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1,000円)~この春も桜香るあじ寿し駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1,000円)~この春も桜香るあじ寿し駅弁!

313系電車+211系電車・普通列車、東海道本線・三島~沼津間

静岡地区の普通列車として活躍する313系電車と211系電車。
211系電車は平成初期のデビュー、313系電車は平成中期にデビューした車両ですが、313系電車のみにトイレが設置されていることもあって、静岡地区では併結され、5~6両編成で運行されることがよくあります。
車内も211系電車は暖色系、313系電車は寒色系のロングシートでまとめられています。

沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1,000円)~この春も桜香るあじ寿し駅弁!

港あじ(春限定)

沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1,000円)~この春も桜香るあじ寿し駅弁!

港あじ鮨(春限定)

この春も東海道線を乗り継いで、東西を移動されている方の姿をよく見かけました。
在来線では、沼津は乗換えポイント、食糧補給ポイントとなる駅の1つです。
南口改札口脇には「桃中軒」の売店、3・4番線ホームのなかほどには駅そば屋があって、駅弁を購入することができます。
そんな沼津駅弁の春の風物詩と言えば、「港あじ鮨(春限定)」(1,000円)です。

沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1,000円)~この春も桜香るあじ寿し駅弁!

港あじ鮨(春限定)

【おしながき】
・賑わい鯵鮨…塩漬け茎わさびを混ぜた酢飯を鯵でにぎり、わさび葉で巻いた寿司
・にぎり鯵鮨
・あじわい太巻き鮨…新鮮な鯵、青じそと白ごまを使った太巻き
・伊豆天城産本山葵
・酢漬生姜

沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1,000円)~この春も桜香るあじ寿し駅弁!

港あじ鮨(春限定)

“春限定”は、通常しその葉で巻かれているにぎり鯵鮨が、「桜の葉」で巻かれています。
これだけですが、包装を開けた瞬間からフワッと桜の香りが漂い、春が感じられます。
駿河湾に面した西伊豆「松崎町」は、日本トップクラスの桜葉の産地として有名。
春らしさを演出するだけでなく、静岡のすごさをさりげなく香りで表現しているのも見事。
西伊豆の玄関口・沼津、三島にふさわしい春駅弁の1つです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

1242.comの記事をもっと見る 2019年4月9日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「焼き肉」のニュース

次に読みたい関連記事「焼き肉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「刺身」のニュース

次に読みたい関連記事「刺身」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「海鮮丼」のニュース

次に読みたい関連記事「海鮮丼」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。