1978年5月21日リリースの沢田研二20代最後のシングルは?

【大人のMusic Calendar】

“ダーリン”が“愛しい人”を意味する英語だと知ったのは小学2年生の時だった。そう、「ハロー!ダーリン」で始まる「恋のダイヤル6700」(73年/フィンガー5)が大流行したからだ。洋楽では頻繁に使われるこの単語、1960年代にブームとなったカバーポップスでは使用例が散見されるが、そのあとに生まれた筆者にとっては、フィンガー5の歌が人生で初めて認識した“ダーリン”。その後「ルージュの伝言」(75年/荒井由実)を経て、第二の洗礼を受けたのが、ジュリーこと沢田研二が歌う「ダーリング」であった。

1948年6月25日生まれの沢田研二は、ザ・タイガースのボーカルとして、67年2月に「僕のマリー」でデビュー。バンド解散後は、萩原健一らとPYGを結成し、71年11月には「君をのせて」で本格的なソロデビューを果たす。その後はTOP10ヒットを連発し、「危険なふたり」(73年)、「追憶」(74年)、「時の過ぎゆくままに」(75年)、「勝手にしやがれ」(77年)の4作がオリコン・シングルチャートの1位を獲得。77年には「勝手にしやがれ」で日本歌謡大賞と日本レコード大賞のダブル受賞を達成するなど、文字どおり歌謡界の頂点に君臨する。

1978年5月21日リリースの沢田研二20代最後のシングルは?

だが当時は「大賞の翌年は苦戦する」という“2年目のジンクス”があった。それを意識したのか、78年の沢田はそれまで敬遠していたバラエティ番組にも出演するなど、年明けから精力的に活動。1月21日に発売された「サムライ」は、ナチスのハーケンクロイツを腕章にした衣装が物議を醸し、途中で変更を余儀なくされたが、オリコン2位をマークし、まずは順調なスタートを切る。そして30歳を目前にした5月21日、23枚目のシングルとしてリリースされたのが「ダーリング」であった。同作を手がけた阿久悠(作詞)×大野克夫(作曲)のコンビは「時の過ぎゆくままに」以来7作目、編曲の船山基紀は「さよならをいう気もない」(77年)以来5作目の起用。ファッション誌のグラビアを思わせるジャケットのアートワークは「危険なふたり」以来、衣装デザインも手がけていた早川タケジが担当した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

沢田研二のプロフィールを見る
1242.comの記事をもっと見る 2019年5月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「梅沢富美男」のニュース

次に読みたい関連記事「梅沢富美男」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら