70歳まで働くには~40歳で転職できる制度が必要

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月16日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。高年齢者雇用安定法改正案について解説した。

70歳まで働くには~40歳で転職できる制度が必要

高年齢者雇用安定法改正案として2020年の通常国会に提出

政府の成長戦略などを議論する未来投資会議が5月15日に行われ、希望する人が70歳まで働き続けられるよう就業機会を確保して行く方針が取りまとめられた。高齢者の働く場を自主的に拡大することが狙いで、高年齢者雇用安定法改正案として2020年の通常国会に提出する考えだ。

飯田)高齢者の特性に応じて、多様な選択肢を準備する必要があると総理は述べたと、何だか70歳まで働かなければいけないのかと思いますね。

鈴木)70歳まで働き続けられるように企業に努力を求めることは、悪いことではないと思うのです。でもこれはone of themであって、たくさんやらなくてはいけないことの1つに過ぎないと思います。
そもそも何を考えなければいけないのか。少子高齢化、これはもう前から分かっていたことです。今頃と言う感じもあるのです。
1つの企業のなかで長く働くことによって、例えば企業だって新陳代謝や世代交代が必要なわけです。そういうことをどうするのか。企業のなかで高齢者の人ができる仕事はいったい何なのですか…こんな議論も出て来ると思います。いつまでも高齢者がいて重しになってしまい、若い人が出られないということもあるではないですか。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年5月16日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。