夏の参院選~ポイントは「憲法改正」を争点のどこに置くか

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月16日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。参議院選挙を前にした自民党の動きについて解説した。

夏の参院選~ポイントは「憲法改正」を争点のどこに置くか

政治  政治資金パーティー「宏池会と語る会」で壇上にならぶ、前列左2人目から自民党の二階俊博幹事長、古賀誠・宏池会名誉会長、岸田文雄会長=2019年5月15日、東京都港区 写真提供:産経新聞社

夏の参院選に向け自民党、各派閥が相次いで政治資金パーティー

夏の参議院選挙を前に、自民党各派閥の政治資金パーティーが相次いで行われている。5月はすでに4派のパーティーが開催され、15日は岸田派のパーティーが行われた。岸田文雄政調会長は覚悟を持って新しい時代に挑むと挨拶し、ポスト安倍に向けて強い意欲を示している。

飯田)メールもいただいています。“てっちゃん”さん、神奈川県川崎市の59歳会社員の方。
「各派閥、パーティーを開催し、いよいよ参院選に向け本格活動ですね。安倍総理は麻生派のパーティーでまた“悪夢の民主党政権”とあいさつされたそうですが、よっぽど第1次政権の参院選で負けたことがトラウマになっているのでしょうか」といただきました。

鈴木)それはそうでしょうね。選挙に負けただけではなく、退陣も含めて。何としてでも今回はという思いがあるのではないでしょうか。選挙戦そのものも、本来は幹事長の二階さんが仕切るものですが、安倍さんの盟友の甘利さんを選対委員長につけて、イニシアチブを取っているのもその表れでしょう。
それから悪夢という表現はどうかという、いろいろな見方や意見があると思います。悪夢と言っても民主党政権は国民が選んだ政権であるから、それを悪夢と言うことは今度政権交代をして、別の政権になったときに安倍政権も悪夢と言われてしまうわけです。国民の民意ですから、総理大臣としてそういう表現はどうかなと思いますが、まだ使っているということは確信犯ですよね。逆の言い方をすれば、それくらい戦闘モードということなのでしょう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 自民党 安倍晋三
  2. 自民党 小池百合子
  3. 自民党 憲法改正
1242.comの記事をもっと見る 2019年5月16日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事をもっと見る

「自民党 + 小池百合子」のおすすめ記事

「自民党 + 小池百合子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野党」のニュース

次に読みたい関連記事「野党」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。