米露関係が改善されない限り遠い北方領土問題

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月17日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。安倍総理がロシア幹部と会談したニュースについて解説した。

米露関係が改善されない限り遠い北方領土問題

2008年4月の党大会にて拍手の中立ち上がるプーチン(統一ロシア – Wikipediaより)

安倍総理がロシアの与党幹部と会談

安倍総理大臣は5月16日、ロシアのプーチン政権与党「統一ロシア」のトゥルチャク総評議会書記と総理官邸で会談した。総理は日露平和条約交渉に関連して、「条約締結を目指して取り組んでいきたいと思うのでよろしく」と協力を呼びかけた。

飯田)プーチン大統領は6月にG20のタイミングで日本に来ると言われておりますが、これはその前の地ならしということになるのですか?

宮家)一般論として、日露の対話が続くことは悪いことでは無いです。しかし、この与党の幹部の人よりも、プーチン大統領のほうが圧倒的に重要です。プーチンさんを懐柔することは難しいと思うけれど、だからこそ、日本はいろいろな手を使っているのだと思います。最近、北方領土問題の交渉については若干停滞気味で動きが見えませんよね。水面下ではやっているのだと思いますが、いろいろな方向から仕掛けて行こうということだと思います。

飯田)一時はG20までに、何かしらの動きがあるのではないかと言われていましたが。

宮家)期待がある程度膨らんだ時期もあったかもしれませんが、客観的に見れば、いまロシアとアメリカとの関係が改善されていません。アメリカ国内はロシアゲートもあってなおさら進まない。アメリカと中国の関係も非常に悪化しています。ロシアからすれば中国は同盟国ではないのだけれども、戦術的には有難いパートナーです。ですからその意味で、ロシアが日本に譲歩するのはなかなか難しい時期に来ているのかなと思います。もう少し状況が変われば、ロシアの出方も変わって来ると思うのですが、客観的に見た場合、いまは少し難しいということなのだと思います。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス
1242.comの記事をもっと見る 2019年5月19日の政治記事
「米露関係が改善されない限り遠い北方領土問題」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    領土の前に、養殖ウニとハウスのイチゴはどうなった?口先外交だからさっぱり成果が上がらない。何が「外交の安倍」だ?「害口」にしかなっていない(笑)。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + 政策」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 政策」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 消費税」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュース

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら