1998年5月27日、椎名林檎が「幸福論」でメジャーデビュー

1999年2月24日に発売された1stアルバム『無罪モラトリアム』には、シングル時とはアレンジの異なる「幸福論(悦楽編)」が収録された。その時々のライブやパッケージに見合う形で既存曲のアレンジを変える音楽家としての才覚も、この頃からすでに開花していたと言えよう。

1998年5月27日、椎名林檎が「幸福論」でメジャーデビュー

早く大人になりたい。もっと歳を重ねたい。二十代の頃、椎名は事ある毎にそう語っていた。それは当の本人にとっては必然の産物だった詞曲へ向けられた、“早熟”という言葉に対するもどかしさを表していた。

思えば、「幸福論」の初版8cmCDシングル(※のちにジャケットを12cmにリアレンジして再発)のジャケット写真やアーティスト写真、さらには同曲のミュージックビデオで披露された椎名の姿は、セーラーデザインのトップスにジーンズというファッションで、背中には小さな可愛らしい天使の羽が生えていた。

そして歳月は過ぎ――女性として、音楽家として多くの経験を重ねて、不惑(40歳)とデビュー20周年を迎えた彼女は、今年(2019年)5月27日、6thアルバム『三毒史』をリリースする。ジャケット写真で見られる彼女の姿は、雄々しい翼を広げたペガサスだ。あたかも、「幸福論」の頃に彼女自身が夢見ていた理想の進化を体現したかのように。

1998年5月27日、椎名林檎が「幸福論」でメジャーデビュー

無論、進化はビジュアルのみではない。全ての詞曲は勿論、管弦打楽器やクワイア(聖歌隊)の編曲をも自ら手掛け、日本屈指の演奏家と多彩なゲストボーカリスト(宮本浩次(エレファントカシマシ)、櫻井敦司(BUCK-TICK)、向井秀徳(NUMBER GIRL/ZAZEN BOYS)、トータス松本(ウルフルズ)ほか)が参加したこのアルバムは、彼女の音楽的な進化を堪能するのに十分な一枚だと言っていい。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年5月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。