この歌声、あなたに届け…爽やか音楽映画2選

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第625回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、新緑の風薫る5月に公開となる、音楽をテーマとした2本の映画を掘り起こします。


MONGOL800の名曲から生まれた映画

この歌声、あなたに届け…爽やか音楽映画2選

まずは5月24日公開の『小さな恋のうた』。タイトルを聞いて、ピンと来た人も多いのではないでしょうか。そう、モチーフとなっているのは、言わずとしれたMONGL800の代表曲「小さな恋のうた」。

2001年にリリースされた2ndアルバム「MESSAGE」に収録されているこの楽曲は、シングルカットされていないにもかかわらず、多くの著名アーティストにカバーされ、カラオケの定番曲としても、いまなお歌い継がれています。そんなストレートで疾走感あふれるラブソングが、映画になりました。

物語の舞台は、沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた2つの“国”が存在するこの場所で、ある高校生バンドが熱い注目を集めていた。見る者を熱狂させるその実力は瞬く間に知れ渡り、東京のレーベルからプロデビューが決定する。喜びの絶頂で盛り上がる彼らだったが、ある事故をきっかけに、バンドは行く末を見失ってしまう…。

この歌声、あなたに届け…爽やか音楽映画2選

世代、性別、言葉、人種、国境と、あらゆる壁を越えて行く音楽の力。そんなパワフルな“想い”が、若者たちの“生きた青春”として描かれている本作には、主演の佐野勇斗をはじめ、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁といった、いまが旬の若手キャストが集結。彼らが劇中でみせるライブシーンは、力強くてエモーショナル。モンパチの楽曲同様、世代を超えて多くの人の心に響く1作です。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年5月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。